シミ対策におすすめの美白化粧品をチェック!本当にシミやくすみは消える?

シミ対策におすすめの美白化粧品をチェック!本当にシミやくすみは消える?

このシミをどうにかしたい!そう思ったら正しい美白化粧品選びとシミ消しメイクが必要です。肌細胞の入れ替わる1ヶ月で肌を変える、シミ消しチャレンジ法とコスメ選びの方法を大公開です。
39 views

本当にシミに効く化粧品はあるの?シミやくすみの予防から出来てしまったシミの対策まで口コミで評判の高い美白化粧品を徹底調査

産後にじわっ・・・と増えたシミ、日焼けやニキビ跡の色素沈着シミ、ありませんか?

まずは本当に有効な美白化粧品でお手入れを、しっかりカバーできるベースメイクアイテムも必要ですよね。

そこで、本当にシミを消したい人向けに1ヶ月で結果が出るコスメ選びをレクチャーしたいと思います。

顔の皮膚が入れ替わる1ヶ月間、美白とメイクを頑張ればシミは目立たなくできるんです!

プチプラ美白化粧品ではシミが消えない3つの理由

まず大事なのが、ドラッグストアなどのプチプラ美白化粧品ではシミは消えないという事です。

こんな理由から、それなりのグレードの美白化粧品を選んだほうが良いんですね。

  • プチプラ美白化粧品はメラニン生成を抑えるだけでシミ漂白効果は薄い
  • 美白成分は入っていても刺激があったり保湿力不足のコスメも
  • 刺激の多さや保湿不足でよりシミができやすい肌になる危険も

これから出来るシミを防ぎ、顔色を明るくする効果はありますが、シミは消えないんですね。

うそ、あんなにドラッグストアでいろいろ試したのに!という人はショックですよね。

そうは言っても、後でちゃんと有効な美白化粧品も紹介するので、安心して読み進めましょう。

プチプラ美白コスメではシミが消えない理由を、もっと詳しく説明したいと思います。

メラニンを抑えてシミを予防するには役立つけど・・・

まず、美白化粧品はシミの原因になる茶色、つまり黒化メラニンを抑える事が役目です。

ビタミンCやエラグ酸など、美白成分と呼ばれるもののほとんどがメラニンを抑えるものなんですね。

しかし、すでに出来てしまったシミの色を抜く事はほとんどできません。

ドラッグストアの美白化粧品はシミができる前に使わないとダメなんですね。

しかも、ホルモンバランスの乱れで出来るシミ、肝斑には効果が期待できないのもネックです。

美白化粧品は刺激が強いという噂の真相とは

そして、口コミなどでも話題になるのが美白化粧品は刺激が強いという説です。

これは美白効果をうたっているけど、保湿力が不足している化粧品があるからですね。

皮膚が乾燥すると肌を守るバリア機能が落ち、荒れやニキビが起きやすくなります。

また、美白成分のビタミンC誘導体や紫外線カット成分が刺激になる場合もあるんです。

美白化粧品の全てではありませんが、刺激の強いものも混じっていると考えましょう。

肌荒れや傷はそのままシミになる可能性もある

刺激があってもシミが消えるならいっか!と合わない美白化粧品を使い続けるのはNGです。

肌の荒れや傷の刺激はメラニンの生成を促し、そこがシミになってしまうからです。

低刺激で高保湿、なおかつ美白の力がある化粧品じゃなきゃダメなんです。

そして、シミにも種類があるので、効果のある成分も違ってくるんですね。

シミのタイプごとにおすすめの美白成分は後で紹介するので、ぜひチェックしましょう。

シミを消すには医薬部外品の美白化粧品が良いって本当?

そして、ここからはちょっと美白に詳しい人向けの情報です。

「医薬部外品の美白化粧品です」というキャッチコピーが最近多いですよね。

そもそも医薬部外品は何が良いのか、本当にシミを消す効果はあるのか、説明したいと思います。

医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間のもの

医薬部外品とは、医薬品とは言えないが効果効能がある化粧品を指します。

つまり、ふつうの化粧品と医薬品の間と言えるものなんですね。

もちろん、シミ対策や美白の効果を持つ医薬部外品もあるので、成分などを紹介しますね。

主な美白系医薬部外品成分の一覧

作用成分
メラニン色素生成を抑える
シミとそばかすを防ぐ
エラグ酸
ビタミンC誘導体
アルブチン
カモミラET
トラネキサム酸
コウジ酸
リノール酸S
グラブリジン
マグノリグナン
ルシノールなど
ターンオーバーを促しメラニン蓄積を抑えるエナジーシグナルAMP
メラニンが表皮細胞に渡されるのを防ぐ
メラニンの過剰な表面化を防ぐ
ニコチン酸アミド
メラニン色素生成の抑制
メラニンの排出も促す
4MSK

美白系医薬部外品の効果はシミを予防し定着させない事

まとめると、日本の医薬部外品はシミが消すのではなく、新しいシミを出来にくくするものなんです。

逆に言えば、医薬部外品に入っていなくても美白に効果的な成分はまだまだ存在するんですね。

医薬部外品でなくてもクリニック品質シミ治療成分入りの化粧品も

ちょっと意外ですが、美容皮膚科のシミ治療に使われる薬品が入っても、医薬部外品でない化粧品もあります。

その代表格が、美容に詳しい人ならみんな知ってるハイドロキノンですね。

美容皮膚科では、メラニンを作りすぎる細胞をレーザーで破壊してシミを治療します。

そのアフターケアとして、ハイドロキノンを塗ってシミを復活させないようにしているんです。

また、ハイドロキノンは今あるメラニンを形成する細胞、メラノサイトにダメージも与えます。

その結果シミが薄くなることから、アメリカなどで皮膚の漂白剤と呼ばれてきた成分なんですよ。

美白化粧品選びで医薬部外品かどうかは目安程度に

たしかに、医薬部外品はメラニンを抑える成分が有効な量で配合されています。

ほんとうに効果がある美白化粧品を選ぶ時の目安としては良いですね。

ただし、医薬部外品だからといって美白以外の性能が良いとは限りません。

保湿力が足りなかったり、刺激があったり、有効成分が入っていても優秀とは限りません。

そしてハイドロキノンのように、医薬部外品と認められていない成分でも有効なものもあります。

医薬部外品であるかはひとつの目安、やはり成分を見て選ぶのが良いでしょう。

20代のシミも30代以上も美白化粧品は通販専売品が◎

色んな情報がありすぎて、どこで美白化粧品を買えば良いかわからなくなってしまいますね。

効果や成分で選ぶなら高額なデパコスが1番ですが、あまりに値段が高すぎて続けるのは大変です。

しかし、実はデパコス並みの成分なのにコスパは良い、おすすめのシミ対策化粧品があるんですよ。

それが、ネット通販専売の美白化粧品なんですね。

ネット通販でシミ対策化粧品を買うメリット

  • ハイドロキノンやトラネキサム酸など本気の美白成分が配合
  • デパコス級に美白成分が高配合でも値段はかなりリーズナブル
  • 1000〜2000円のトライアルセットが1〜2週間分試せちゃう

つまり、成分に対して安い、お試しトライアルがあるなど、通販専売コスメはメリット沢山なんですね。

まだ20代だし高い美白化粧品はまだ早いかな?と思ってる人も、ぜひ通販専売品を試して下さい。

シミが肌の奥底まで汚染される前に、若いうちにケアしておけば未来の肌が全然違いますよ。

30代以降のシミ対策はなら、保湿力が高めのアイテムを選べばエイジングケアもできて良いですね。

どちらも通販専売品には揃っているので、気になったらトライアルセットを取り寄せましょう。

通販美白コスメには日焼け止めや洗顔料入りの豪華トライアルセットも

通販コスメのトライアルセットは化粧水からクリーム、洗顔料や日焼け止めが入ってるものもあります。

信じられないお得感なので、何種類か取り寄せて比べてみても良いですね。

シミの種類別にベストな美白化粧品の選び方とは

ただ上でも触れたとおり、シミの種類によって効果的な成分が違うというのも大事なポイントです。

そこで、シミの種類別に効果的な成分とおすすめ美白化粧品を紹介しますね。

もちろん、通販専売の優秀シミ対策化粧品もしっかりピックアップです!

シミの種類や原因をセルフチェックしてみよう

まずは自分のシミの種類をセルフチェックして、必要な美白成分を絞りましょう。

  • 傷やニキビ、日焼けが原因の色素沈着シミ
  • 左右対称にもやっと広がるシミは肝斑かも
  • 子供の頃からそばかすが鼻のまわりにある

自分のシミはこれかな?と思ったらそれぞれのおすすめ美白成分をチェックです。

傷やニキビのほか紫外線シミにおすすめの成分

  • 出来てしまったシミはハイドロキノンで漂白するのがベスト
  • プラセンタや成長因子などでシミ汚染肌をぐいぐい追い出す
  • アルブチンやビタミンC誘導体などでメラニンをカット

まず、このタイプのシミで試してほしいのがハイドロキノンです。

皮膚科のシミ治療でも使われるシミを漂白できる成分なので、ぜひ試してみて下さいね。

さらに、まだシミが肌の奥に及んでいない場合は肌の生まれ変わりを促すのも有効です。

シミに汚染された角質をつるんと脱ぎ捨てたいなら、プラセンタや成長因子が良いでしょう。

ほかにも、これ以上黒色メラニンを増やさないために、アルブチンやビタミンC誘導体も必要ですね。

肌老化・紫外線・傷やニキビ跡のシミ対策におすすめの美白化粧品
  • アンプルール ラグジュアリーホワイト:ハイドロキノン入りで集中ケアに最適。通販トライアルあり。
  • ディセンシア サエル:敏感肌向けなので美白化粧品で荒れがちな人に。通販トライアルあり。
  • ビーグレン ホワイトケアプログラム:ハイドロキノン入り美容液が有効。通販トライアルあり。
  • Obagi ブライトニングナイトセラム:ハイドロキノン入り。お金に余裕があれば試す価値大!

肝斑対策にはぜひトラネキサム酸がマスト成分

そして注意すべきシミが肝斑です。普通のシミとは対策方が違うんですね。

30〜40代の女性に現れる、もやっと左右対称のシミは肝斑の可能性大ですよ。

肝斑の原因はホルモンバランスの乱れなので、年齢や婦人科トラブルで出来やすいんです。

ホルモンバランスが激変する妊娠出産でシミが出る妊娠性肝斑もあります。

妊娠性の肝斑は産後しばらく経つと改善する場合もありますが、早く治したいですよね。

そんな肝斑シミに有効なのが、トラネキサム酸です。

化粧品で塗り込むほか、トラネキサム酸をサプリや医薬品で摂取しても有効ですよ。

「なに、この左右対称のもやもやシミ?」と思ったら、トラネキサム酸を1ヶ月ほど試してみましょう。

肌細胞が入れ替わるサイクルがちょうど1ヶ月なので、違いが実感できるはずです。

肝斑対策向けトラネキサム酸入り美白化粧品
  • ディセンシア サエル:敏感肌向けで高保湿なのでおすすめ。通販トライアルあり。
  • HAKU メラノフォーカスV:資生堂の超有名美白化粧品だけど刺激は強め・・・。
  • トランシーノ ホワイトニングクリアローション:低刺激だけど保湿力控えめでクリームが必須。

雀卵斑ことそばかすは濃くしないケアが大事

そしてやっかいなのが、遺伝性のそばかすこと雀卵斑です。

親にもそばかすがある、子供の頃からそばかすがある、という人はこのタイプですね。

メラニン色素を作る細胞が局所的に活性化してしまう体質のため、消すことが難しい例です。

ただ、美白化粧品を使ってそばかすを増やさない、濃くしないことはできます。

ビタミンC誘導体やアルブチンなど、メラニンを抑える成分入りの化粧品を使いましょう。

そばかすケアにおすすめの美白化粧品
  • アンプルール ラグジュアリーホワイト:ハイドロキノンがそばかすを薄くする。通販トライアルあり。
  • ディセンシア サエル:長く使い続けても負担の無い低刺激美白化粧品。通販トライアルあり。
  • PSホワイトクリーム:オールインワンで美白と時短が叶うので便利。通販初回割引あり。

デパコスもプチプラも!おすすめシミ消しファンデとコンシーラー

しかし、顔のシミは基礎化粧品ですぐ消えるわけではありません。

美白化粧品の効果が出るのは顔の皮膚が入れ替わる1ヶ月ほど、我慢が必要なんです。

そこで、緊急レスキューにぴったりのシミ隠しコスメについても紹介します。

シミ消しファンデならパール系かカバー系リキッドが強い

まず、小さなシミを目立たなくするにはファンデーションの見直しだけでも十分効果的です。

おすすめなのが、パール系の質感で光を乱反射するタイプのものですね。

光が乱反射すると、すりガラスのように肌表面がぼやけて見え、シミの存在が曖昧になります。

パール系のルースパウダーを重ねるのも同じ効果があるので有効ですよ。

また、外資系のデパコスリキッドファンデもカバー力が高いので、思い切って買うのも手です。

デパコスからプチプラまで!カバー力で人気のファンデ5選
  • エスティローダー ダブルウェアステイインプレイスメークファンデーション:アットコスメにてベストコスメ賞に輝いた、圧倒的カバー力のリキッドファンデ。
  • ランコム タンイドルウルトラウェアリキッド:カバー力は満点。ただし手早く塗ることが条件。
  • 資生堂 マキアージュドラマティックパウダリーUV:軽めの仕上がりでも高いカバー力が大人気。
  • キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー:ファンデの上からシミをカバーする優秀プチプラ品。
  • レブロン リキッドファンデーション:伸びにくく扱いは難しいけど、カバー力がありプチプラ。

コンシーラーはシミのタイプ別に使いわけよう

そして、シミ消しコスメといえばコンシーラーですね。

不透明な顔料を油分で練ったものなので、自分の肌色に合わせて塗ると綺麗にシミが消えるんです。

ただ、広範囲に塗りすぎ、厚く重ねすぎは逆に「いかにも塗った」感が悪目立ちしちゃいます。

さりげないシミカバーには、コンシーラーのタイプを使い分けるのがおすすめなんですよ。

コンシーラーの形状カバー力化粧モチ
使いやすさ
おすすめのシミタイプや注意点
スティックタイプ濃いシミ全般に使える
こってり塗りすぎに注意!
ペンシルタイプそばかすなど細かいシミに
クリームタイプ
ケーキタイプ
薄く広範囲な肝斑やそばかすなどに◎
化粧モチを重視したい人に
メイク初心者でも扱いやすい
パレットタイプ色調整自在でシミを自然にカバー
テクニックが必要で使いこなすのが大変

濃いシミにはスティックやペンシル型コンシーラー

一般的にコンシーラーといえばスティックタイプですよね。

濃いめのシミもカバーできるし扱いも簡単、ポンポン塗ってなじませるだけで便利ですね。

スティックタイプの細いバージョンがペンシルタイプです。

細くて濃いシミのカバーに向くので、そばかすが濃い人に向きになります。

初心者向けで肝斑のカバーに向くクリームやケーキ型コンシーラー

ほかにも、クリームタイプはもやっと広範囲に広がる肝斑のカバーに便利です。

スティックタイプよりモチも良いので、濃くないシミならクリームタイプがベストですね。

メイク技術に自信が無い人も、クリームタイプなら失敗がありませんよ。

ファンデみたいなケーキタイプだとさらにカバー力UP、扱いやすいのでこちらもおすすめです。

テクニックに自信アリならパレットタイプコンシーラーが自然!

最後に、カバーもモチも良いのがパレットタイプです。

絵の具のようにパレットに入ったコンシーラーの色を自分で混ぜて塗り、シミをカバーするんですね。

自分の肌色やシミの濃さにオーダーメイドで合わせられるので、自然にシミを消すなら1番です。

ただし、色の調整にテクニックがいるので、メイク上級者向けアイテムといえますね。

デパコスからプチプラまで!おすすめのコンシーラー5選
  • THE SAEM チップコンシーラー:アットコスメで圧倒的人気の韓国コスメ。自然なカバー感が魅力。
  • NARS ラディアントクリーミーコンシーラー:アットコスメ殿堂入り。伸びとカバー力で大人気に。
  • 資生堂 スポッツカバーファウンデイション:ケーキタイプで広範囲のシミに。カバー力とモチが魅力。
  • イヴサンローラン ラディアントタッチ:筆状で小さいシミ対策に最適。カバー力とツヤが人気。
  • 24hcosme 24ミネラルスティックファンデ:プチプラの上にファンデとしても使えてコスパ抜群。

美白化粧品とメイクでシミ消し1ヶ月チャレンジ

では最後に、シミ対策化粧品について大事なポイントをまとめますね

  • 美白化粧品は自分のシミタイプに合った成分配合のものを選ぶ
  • デパコス級配合でリーズナブルな通販専売品コスメがおすすめ
  • カバー系ファンデやタイプ別コンシーラーを使ってシミ消しも

シミ対策の第一歩は、自分のシミに合った有効成分配合の美白化粧品を選ぶことです。

基礎化粧品はドラッグストアより通販で、たしかな有効成分で着実に美白していきましょう。

顔の皮膚が入れ替わる1ヶ月間、正しく美白を続ければきっと肌が変わりますよ。

そして、コンシーラーやファンデを上手に選べばグンとシミは目立たなくなります。

ファンデはパール系やリキッド、コンシーラーも自分のシミのタイプに合わせて選べば間違いなしです。

つるんとシミの無い美肌目指して、今日から1ヶ月シミ消し活動をスタートしましょう!

こちらの記事もよく読まれています
  • 肌のくすみを解消したい!くすみの原因とおすすめの対策方法
    顔が暗く黄色っぽく、くすんでしまう事ってありますよね。その正体は、茶色いメラニンを含んだ古い角質や血行不良なんです。くすみ肌を脱ぎ捨てるため、古い皮膚を代謝する美白ケアや血行を良くする入浴法などの対処法を紹介します。
    1366 views
  • 敏感肌向けの日焼け止めと美白化粧品の選び方
    敏感肌でも安心して使える日焼け止めや美白化粧品ってあるのでしょうか?数年前までは敏感肌向け美白化粧品は無いに等しく、仮にあってもほとんど効果を実感できない商品ばかりでした。しかし今は、敏感肌でも積極的に美白ケアができるようになったんです!
    1236 views
  • 安心して使える美白成分とは?
    美白化粧品って肌トラブルが多いイメージがありますよね。美白成分の情報も多すぎて、安全で効果的な美白成分って一体どれなの?とイライラしてしまいます。そこで、厚生労働省が安全と認めた美白成分を中心に、その作用や効果をまとめました。
    1219 views
  • シミにも種類がある
    顔にシミができちゃった!そんなピンチってありますよね。でも、一度冷静になりましょう。シミにも色んな種類があって、美白化粧品が効くものダメなものなど、ケアの方法もそれぞれ違うんです。自分のシミは何なのか、判別する方法をまとめました。
    913 views
  • 美白美容液の安全性に関する最新情報
    有名メーカーの美白化粧品を使ったら、顔がまだらに白くなった!そんなニュースがありましたよね。美白化粧品は使いたいけど、肌トラブルは怖い・・・そんな人のために、美白成分についての安全情報をまとめました。
    476 views
  • シミ対策におすすめの美白化粧品をチェック!本当にシミやくすみは消える?
    このシミをどうにかしたい!そう思ったら正しい美白化粧品選びとシミ消しメイクが必要です。肌細胞の入れ替わる1ヶ月で肌を変える、シミ消しチャレンジ法とコスメ選びの方法を大公開です。
    39 views
 

ページのトップへ