肌のくすみを解消する対策方法

肌のくすみについて

肌のくすみを解消するには?

肌のくすみは美白を目指す人にとって大敵ですよね。メラニンが原因となってくすみやシミが出来ますが、肌のターンオーバーが正常であれば、蓄積されることはありません。

肌を守るのに使ったシールドを表面へと押しやって角質になった際、角質は新しい細胞に押し上げられて垢となり剥がれ落ちます。この時に中にあるメラニンも一緒に出ていく仕組みなのです。

メラニンは本来、人間の肌を守るためにあるものです。メラニンが正常に働かなければ、皮膚ガンになるリスクが高くなるとも言われています。肌のくすみを解消するには、不要になったメラニンを上手く押し出す事も重要になってきます。

紫外線はメラニンを過剰に作るだけでなく、メラニンを上手く押し出す力も弱めてしまいます。日差しの強い日だけではなく、夕方や冬などでも紫外線対策は欠かせません。

くすみの原因は他にどんなものがある?

他にもいくつか、くすみの原因があります。血行不良や肌を乾燥させること、肌荒れをそのままにしておくこと、タオルで強く顔を擦る、ファンデーションのパフを洗わずに使うなど、ちょっとした日々の刺激の蓄積がシミやくすみを作りだします。

また、肌にトラブルを発見した時、そこばかりに着目してストレスを抱えるのもいけません。くすみやシミの部分は特に隠そうと擦り過ぎになりがちですし、更にストレスによってメラニンが生成されてしまいます。

それよりは、シミやくすみのあるところ以外の肌の状態に目を向けてください。周囲の肌の土壌が良ければ、シミ・くすみの部分も解消されやすくなります。

くすみを解消する場合、ケミカルピーリングの洗顔をするのはもちろん、血行不良を解消するのも大事なポイントになってきます。

肌のターンオーバーを正常にするために、冷えは大敵です。身体を温めることは何より大切ですので、シャワーだけで済ませるのではなく、出来ればしっかりと入浴することをおススメします。

ただし、熱すぎる温度での入浴はNGです。熱すぎると身体の奥まで温まる前にお風呂から出てしまいがちですし、何より肌がダメージを受けて乾燥しやすくなってしまいます。目安としては、38度~40度程度の温度で入浴しましょう。

のぼせやすい人は、半身浴がオススメです。塩を入れるとさらに温まる効果が高まりますよ!

しっかりと睡眠と取ることもくすみ対策の重要なポイント!

また、睡眠をしっかり取ることも大切です。これは睡眠の時間ではなく、良質な睡眠を取るということです。

だんだんと体温が下がって行く時にベストな入眠チャンスに入りますので、お風呂から上がってすぐではなく、30分~1時間後くらいを目安に就寝する様にしてみてください。いつもより寝付きが良いはずです。

あとは体を余計に冷やす事のないように心がけましょう。特に冷えのダメージを受けやすいのは、首元と足首です。

特に夏場は露出しやすい場所ですので、冷えそうな時は靴下やストールを持ち歩くなどしましょう。

ほかに、美白用のピーリング洗顔料もオススメです。美白美容液を肌に浸透させる際、最初にくすみの原因となる角質を取り除く事は大切な作業ですので、ターンオーバーを正常にし、角質を取り除きつつ、美白美容液を肌に浸透させて内側と外側から健康的なサイクルを作りましょう。

こちらの記事もよく読まれています

  • 敏感肌向けの日焼け止めと美白化粧品の選び方
    敏感肌でも安心して使える日焼け止めや美白化粧品ってあるのでしょうか?数年前までは敏感肌向け美白化粧品は無いに等しく、仮にあってもほとんど効果を実感できない商品ばかりでした。しかし今は、敏感肌でも積極的に美白ケアができるようになったんです!
    30 views
  • 肌のくすみを解消する対策方法
    29 views
  • 安心して使える美白成分とは?
    29 views
  • シミにも種類がある
    27 views
  • 美白美容液の安全性に関する最新情報
    21 views
 

ページのトップへ