悩み別女性用シャンプーの選び方

髪質や頭皮の悩み別女性用シャンプーの選び方

うねりやパサパサ、薄毛、かゆみ、髪や頭皮の悩みは人それぞれですが、実はシャンプーを変えれば解決する場合も多いんです!今すぐ美髪になりたい女性のために、悩み別シャンプーの選び方をまとめました。
18 views

髪や頭皮のトラブルで悩んでいる女性は必見!目的別のシャンプーの選び方

パサパサまとまらない、ボリュームが無くぺしゃんこ・・・髪質の悩みは人それぞれですよね。

私向け、私用のシャンプーってどれなの?という答えを求め、あれこれ試している人も多いはずです。

そこで、悩み別にどんなシャンプーを選ぶべきか、最短距離で美髪になれる情報を大公開しちゃいます。

2人に1人は自分の髪質に悩んでる・・・

調査会社のソフトブレーン・フィールド株式会社が実施したアンケートによると、髪や頭皮に悩みがある人は平均して全体の52.8%、およそ2人に1人なんですね。

みんなどんな髪の悩みを持っている?

アンケートでは具体的に悩んでいることを複数回答OKで選んでもらい、集計しました。

  • 白髪55.8%
  • 髪のパサつき36.3%
  • くせ毛31.2%
  • 量が少ない30.6%
  • フケやかゆみ23.0%
  • ツヤが無い17.4%
  • 量が多い11.4%
  • 枝毛10.9%

実はこの悩みの多くが、正しいシャンプー選びで解消するんです。

まずは、基本的な美髪シャンプーの選び方、次にそれぞれの悩み向けのシャンプーを紹介しますね。

女性用シャンプーの選び方!基本の5ポイント

まずは女性用の美髪シャンプーの選び方、基本編です。

この基本を守ってシャンプーを選ぶだけでも、ツヤやまとまり、地肌の健康が全然違うんですね。

  • パサパサになる高級アルコール系洗浄成分は避ける
  • 石鹸シャンプーも洗浄成分が強すぎるからNG!
  • アミノ酸やベタインなど潤い洗浄成分入りが鉄則
  • オイルや保湿成分が入っているともっと理想的
  • 隠れた名品&神コスパシャンプーはネット通販で

強い成分で洗い過ぎない、潤いやオイル分を髪に与えるのが美髪シャンプーの鉄則なんです。

具体的にどうやってそこを見抜くのか、わかりやすく説明しますね。

美髪シャンプー選びで大事な洗浄成分の正体とは?

シャンプーで髪を洗うとサッパリするのは、皮脂と水を馴染ませる界面活性剤という成分が働くからです。

皮脂は本来水に溶けませんが、界面活性剤を馴染ませるとシャワーでスッキリ流す事が出来るんですね。

しかし、この界面活性剤のパワーが強すぎると、頭皮を守る皮脂まで落としすぎてしまいます。

そのせいでパサつきやかゆみ、フケ、が起こるんですね。

なので、美髪シャンプーを選ぶなら強すぎる洗浄成分は避けるべきです。

皮脂を落としすぎる洗浄成分は避けよう

皮脂を落としすぎる洗浄成分はいろいろありますが、一般的なのが高級アルコール系の界面活性剤などです。

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス酸アンモニウム
  • オレフィンスルホン酸Na
  • スルホコハク酸ラウレス2na
  • スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na
  • 石ケン素地

上の一覧の成分が入っている場合、そのシャンプーは避けたほうが良いでしょう。

また、髪に優しいイメージの石鹸シャンプーも皮脂を落としすぎるので、あまりおすすめできません。

髪に優しいアミノシャンプーと言っていても、例にあるような洗浄成分が混じっている事もあります。

つまり、美髪シャンプー選びに成分表示のチェックは欠かせないんですね。

女性が選ぶなら潤いで洗うマイルド洗浄成分!

じゃあどんな洗浄成分が理想なの?と言われれば、断然アミノ酸系、ベタイン系、タウリン系などの成分です。

いろんな種類がありますが、こんな洗浄成分が入っているものがおすすめですよ。

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイルトレオニンNa
  • ココイル加水分解ダイズタンパクK
  • ココイルメチルアラニンNa(ラウロイルメチルアラニンNa)
  • ココイルグリシンK
  • ココアンホプロピオン酸Na
  • ココアンホ酢酸Na
  • ココベタイン
  • コカミドプロピルベタイン
  • コカミドDEA
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ラウリルグルコシド
  • ラウリルベタイン
  • ラウリン酸ポリグリセリル
  • ラクチレートNa
  • デシルグルコシド
  • ポリソルベート60
  • オレイン酸グリセリル
  • オレイン酸グリセリル
  • ヤシ油アルキルグルコシド
  • PEG系(合成ポリマー系)洗浄成分

どれも保湿効果がありながら脂と水を混ぜる力もあるので、髪を潤しつつ汚れは落としてくれるんですね。

頭皮を傷めないので髪の痩せ、フケ、かゆみ、抜け毛が起こりにくい優しい洗い心地です。

あと、髪の乾燥も防げるので、パリパリ枝毛、うねり、アホ毛の無いしっとりヘアも叶いますよ。

オイルや保湿成分入りのシャンプーだとさらに美髪効果が高くおすすめ度UPです。

名品シャンプーは通販専門アイテムに隠れてる

でも、一体どこで美髪シャンプーを買えばいいの?と思いますよね。

おすすめはドラッグストアではなく、通販専門で売っているシャンプーなんです。

実は無駄な在庫やTVCMにかけるお金が不要で、通販専門シャンプーはコスパ良好と言えます。

余計な経費がかからないから高価な成分もどんどん投入できちゃうので、美髪を目指す女性に最適なんですね。

買うなら、アミノ酸やベタイン系のシャンプーを通販で、これが黄金ルールです。

女性が悩み別に探す私向けシャンプーとは

基本の黄金ルールをマスターしたら、悩み別にもっと選ぶべきシャンプーを絞ってみましょう。

ドラッグストアでは買えない、ちょっと変わったタイプのシャンプーが女性の髪を救うんです。

白髪染めカラーシャンプーで自然な髪色に

  • 洗うだけで毛染め効果のあるカラーシャンプー
  • 10日間使えば白髪が目立たない髪に
  • 染まってきたら週1回で髪色を維持

30代、40代になって白髪が出てきたかも?と焦ることってありますよね。

かなり白髪が多い、しっかり染めたい場合は美容室で染めてもらうのが1番です。

ただ「何本かある白髪を目立たなくしたい」という時は白髪染めシャンプーがいいんですね。

10回ほど毎日洗うとほどよく白髪が染まり、その後は週に1回くらい使えば髪色を維持できます。

シャンプーなのでサッと洗い流す事ができ、浴室やタオルが汚れにくいのもメリットですね。

ただ、毛染め効果はカラートリートメントのほうが強力なので、なりたい髪色で使い分けると良いでしょう。

しっとりツヤ美髪になるならクリームシャンプー

  • 保湿成分とオイルを練り込んだクリーム状の贅沢シャンプー
  • パサつき、枝毛切れ毛、ツヤ不足を手早く解消
  • 髪がうねる、多すぎる、アホ毛が出る人のスタイリングも楽に

パサパサ広がる、髪がうねる、アホ毛が出る、髪が多すぎて広がる、そんな時はクリームシャンプーです。

実は、パサつきやうねりは髪の中心の潤いが逃げ、髪が乾いて縮れているせいだったりします。

クリームシャンプーの濃厚な保湿成分とオイル分でケアするだけでも、するんと髪がまとまるんですね。

輝きが欲しい時にもクリームシャンプーを使うと、密度あるツヤが叶いますよ。

絹糸のようなまとまり感、ビロードのような自然なツヤを作るなら、クリームシャンプーが1番です。

コンディショナーがいらないので、忙しい時の時短シャンプーにも役立ちますよ。

ぺしゃんこ髪は炭酸シャンプーで頭皮ケア

  • ムースのようにプシュッと出して使う泡シャンプー
  • プチプチ炭酸ガスで頭皮が喜ぶヘッドスパ効果
  • ガスで頭皮の毛穴汚れをディープに洗浄

そして地肌がスケスケ、薄毛や痩せ毛に悩む人には炭酸シャンプーを使ったスペシャルケアがおすすめです。

炭酸シャンプーはちょうどムースを入れるような容器に入っており、プシュッと泡状に出てきます。

炭酸のプチプチスパークリング感が爽快で、汚れを落としつつ血行も良くするヘッドスパ効果があるんですね。

毎日のケアには普通のアミノ酸やベタイン系のシャンプーを使い、炭酸シャンプーはいわば頭皮へのご褒美です。

3日1度、炭酸シャンプーのスペシャルケアで、フワっとコシとボリュームのある髪を作りましょう。

フケやかゆみがある時は炎症を抑えるハーブエキス

  • 炎症や菌の増殖を抑えるハーブエキスで頭皮をケア
  • 頭皮の痒み、ニキビ、フケ対策にもハーブが有効
  • 女性の加齢臭やニオイ対策にもハーブエキスは有効

あと、ムズムズ頭皮がかゆい、ニキビやフケが出るという人もいますよね。

この悩みは洗浄成分が優しいシャンプーに変えると解決する場合がほとんどです。

もしそれでもダメなら、ハーブエキスなど炎症対策成分入りシャンプーがおすすめですよ。

ローズマリーなど炎症を抑える植物由来成分が頭皮をケア、かゆみやニキビ、フケ、ニオイを防ぐんですね。

ただ、ひどいフケやかゆみ、ニキビ、抜け毛には深刻な病気が隠れている場合もあります。

アトピー性皮膚炎や、皮脂が出すぎて炎症を起こす脂漏性皮膚炎である可能性もあるんです。

どうしても解消しない、かゆみがひどい場合は皮膚科で診察してもらうと良いでしょう。

自分向けシャンプーで理想のツヤ髪へ

ちょっと試してみたいかも?というシャンプーが見つかりましたね。

クリームタイプも炭酸シャンプーもなかなか市販で手に入りませんので、まずは取り寄せて試してみましょう。

扱いやすさ、髪のコシ、ツヤの違いなど嬉しい実感が出てくるはずですよ。

自分に合った自分向けのシャンプー、賢く選んで取り寄せて、理想の髪を手に入れましょう。

こちらの記事もよく読まれています
  • 頭皮のかゆみの原因と対策におすすめのシャンプー
    なんだか地肌がムズムズかゆいしフケも出がち、そんな悩みはありませんか?かゆくなる原因は間違ったシャンプー、季節、皮膚病など、いろんな可能性があるんです。その対処法や頭皮を元気に保つコツを紹介したいと思います。
    26 views
  • 悩み別女性用シャンプーの選び方
    うねりやパサパサ、薄毛、かゆみ、髪や頭皮の悩みは人それぞれですが、実はシャンプーを変えれば解決する場合も多いんです!今すぐ美髪になりたい女性のために、悩み別シャンプーの選び方をまとめました。
    18 views
  • 女性用シャンプーに含まれている成分
    ボトルが可愛くて買ったけど、このシャンプー全然ダメ!そんな失敗を繰り返さないためには、シャンプーの成分についても知らないといけません。自分史上最高のサラツヤ美髪を作るには、こんな成分入りの女性用シャンプーが必要だったんです。
    18 views
  • ノンシリコンシャンプーのおすすめは?メリット・デメリットと選び方のコツ
    シリコンが頭皮の毛穴を塞ぐって本当?そんな不安からノンシリコンシャンプー以外使わない人も多いですよね。しかし、ノンシリコンだから良い、シリコン入りだからダメではないんです。本当はどんなシャンプーが正解なのか、わかりやすくまとめました。
    18 views
  • ボタニカルシャンプーとは?メリットや成分をチェック
    ナチュラルで髪や肌に優しいイメージのボタニカルシャンプーですが、実際はどうなのでしょうか?ドラッグストア売れ筋シャンプーの評価や選び方、成分の意外な真実など、ボタニカルシャンプーの秘密を大公開です。
    17 views
 

ページのトップへ