頭皮のかゆみの原因と対策におすすめのシャンプー

頭皮のかゆみの原因と対策におすすめのシャンプー

なんだか地肌がムズムズかゆいしフケも出がち、そんな悩みはありませんか?かゆくなる原因は間違ったシャンプー、季節、皮膚病など、いろんな可能性があるんです。その対処法や頭皮を元気に保つコツを紹介したいと思います。
82 views

頭皮の痒みの原因はなに?おすすめの対策方法とシャンプーの選び方

ムズムズかゆい頭皮の問題、実は30〜60代の女性だと3人に1人が悩んでます。

ポリポリ掻くとカッコ悪いし、髪も乱れるし、何より抜け毛の原因にもなるんですね。

つらくて困った頭皮のかゆみ、その原因や有効な対策を紹介したいと思います。

頭皮のかゆみってそもそも何だろう?

かゆみとは「痛いというほどじゃないけど、皮膚が苦痛を感じてる」状態です。

つまり、頭皮が炎症を起こして荒れている状態が頭皮のかゆみなんですね。

頭皮が荒れて抜け毛や不眠の原因にも

炎症が起きているという事は、簡単に言うと頭皮のケガと同じです。

ダメージを受けた結果、髪がポロポロ抜け落ちたり、皮膚が剥がれ落ちてフケになってしまいます。

ひどくなるとかゆみで眠れない、イライラするなんて事にもなりますよね。

たかが頭皮のかゆみと言わず、しっかり向き合う事が大切なんです。

市販の頭皮用かゆみ止め薬も役立つ

実は、ムヒやメンソレータムから頭皮用かゆみ止め塗り薬も出ています。

しかし、原因を取り除かないと根本的な解決にはなりにくいのが実情なんです。

市販の塗り薬は、かゆくて眠れない時、かゆみをやり過ごしたい時に役立てましょう。

ここでは、根本から頭皮のかゆみを解消する方法を紹介したいと思います。

まず何で頭皮がかゆくなるのか、原因から説明しますね。

頭皮がムズムズかゆくなる3つの原因

頭皮がかゆい原因はいろいろありますが、大きく分けてこの3パターンになります。

  • シャンプー選びや洗い方の間違い
  • 皮膚病やアトピー性皮膚炎の事も
  • 湿気や乾燥、ストレスなど悪い環境

湿気や乾燥などはきちんと髪を乾かす、加湿するなど環境を整える事で解消できますね。

しかし、ひどいフケや赤いブツブツ、斑点が出る場合は病気の可能性が大です。

具体的にどんな病気があるのかは後で紹介しますが、皮膚科での治療が必要になります。

しかし、病院に行くまでも無いんだけどちょっとかゆい・・・そんな人もいるはずです。

1番簡単にかゆみ対策できるのが、シャンプー選びと洗い方改革なんですよ。

間違ったシャンプー法をセルフチェック

この5つの間違いポイントに当てはまれば、かゆみの原因はシャンプーかも知れません。

  • シャンプーにラウレス○○やラウリル○○配合
  • シャワーのお湯は40度くらいの熱めが大好き
  • シャンプーのすすぎは泡が消えたらすぐ終了
  • ベタベタするのでシャンプーは2回しちゃう
  • 朝晩両方シャンプーしないとスッキリしない

いつもやってるけど、これがどうしてダメなの?という疑問にこれからお答えしますね。

洗浄成分が強すぎるシャンプーはNG!

まずは基本中の基本、シャンプーの選び方です。

ボトルをクルッとひっくり返し、まずは成分表示を見てみましょう。

2〜3番目にラウリル○○、ラウレス○○という成分がありませんか?

これらのラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなどは最もメジャーな洗浄成分です。

高級アルコール系という皮脂をバリバリ落とす、強力すぎる洗浄成分なんですね。

頭皮は皮脂と潤いでバリアを作っているのに、その皮脂を落としすぎると大問題です。

バリアが壊れて頭皮は荒れ、ムズムズかゆくて仕方なくなってしまいます。

まずはアミノ系シャンプーなど、洗浄成分がやさしいものに切り替えましょう。

シャワーの温度はちょいぬるめ36〜38度

ちょっと盲点なのが、シャンプーに使うシャワーの温度です。

ここまで説明したとおり、頭の皮脂を落としすぎるとかゆみが起こりますよね。

同じ理屈で、皮脂をガッチリ溶かしてしまう40度以上のお湯はNGなんです。

熱いシャワーで洗うのは気持ち良いですが、ここはグッと我慢します。

36〜38度のちょっとぬるいシャワーで優しく洗いましょう。

これだけでも、けっこう頭皮の荒れが違うんですよ。

すすぎは十分にシャンプーリンスを残さない

あと、忙しいからとシャンプーやリンスのすすぎを十分にしないのもNGです。

油分やコーティング成分が頭皮に残り、かゆみや嫌な臭いの原因になります。

美容師さんもおおよそ2〜3分以上すすぎにかけるので、真似してじっくり流しましょう。

あとは洗う前のブラッシングを丁寧に、爪は立てずに円を描くように洗えば完璧ですね。

洗うのは1日1回!洗い過ぎないのが大事

そして、ベタベタするしシャンプーは2回、何なら朝と晩に2回シャンプーしちゃう人もいますよね。

洗うと皮脂は落ちますが、その分頭皮が乾燥のピンチを感じ、もっと脂を出してしまいます。

そのせいで頭皮のギトギト感が悪化しますし、洗いすぎで頭皮もかゆくなるんです。

髪を洗うなら丁寧にすすいで1日1回、洗浄成分のやさしいシャンプーで洗ってみましょう。

正しく選んだシャンプーで正しく洗えば、頭のかゆみはかなり良くなるんですね。

頭のかゆみを抑える洗い方とシャンプー

まとめると、かゆみを防ぐシャンプー選び、シャンプー法のコツはこの3ポイントです。

  • アミノ系の頭皮にやさしいシャンプーを選ぶ
  • お湯はぬるめの36〜38度で1日1回やさしく洗う
  • すすぎは2〜3分かけシャンプーリンスを落とす

シャンプー後に頭皮がかゆくなる!という人は、上の3ポイントを守れば解消する場合がほとんどです。

アミノ系の中でも、頭皮の炎症を防ぐ植物エキスを含むシャンプーがおすすめですよ。

実は、低刺激で上質な植物エキス入りのアミノシャンプーは、ネット通販専売品が良品揃いです。

ぜひ、このチャンスに通販のシャンプーに切り替えてみましょう。

ムズムズしやすい夏と冬のかゆみ対処法

また、夏になると頭皮がかゆい、冬になると頭がピリピリする人もいますよね。

季節ごとのかゆみをやり過ごす対策も必要なんです。

夏は頭皮の湿気と汗かぶれにご用心

夏は汗と皮脂が混じる事で雑菌が繁殖し、頭皮の炎症が起こりやすくなります。

暑い日でもドライヤーで髪をきちんと乾かし、頭皮を蒸らさない対策が必要ですね。

一時的かゆみをやり過ごすなら、市販の頭皮用かゆみ止め薬もヒンヤリして良い季節です。

冬は頭皮を乾燥させない潤い対策を

冬は乾燥が厳しく、ちょっとした刺激でも頭皮がかゆくなりがちです。

これは中央鉄道病院の発表でも言われている事で、寒さで頭皮を潤す汗が少ないのも原因です。

きちんと部屋を加湿する、潤いを逃さないアミノ系シャンプーを使うなどの対策が大事ですね。

部屋に洗濯ものを干して寝るなども効果的なので、ぜひ試してみましょう。

参考:渡辺 靖(1978年)中央鉄道病院 皮膚の基礎科学

皮膚科に相談したい危険なかゆみとは?

そして1番心配なのが、皮膚病が原因で頭がかゆくなっている場合です。

こんな症状が当てはまったら、なるべく早く病院へ行きたいですね。

頭皮がかゆくなる5つの病気

  • フケや強いかゆみが特徴の脂漏性皮膚炎
  • 全身に赤いブツブツが広がる頭皮疥癬
  • 赤い斑点や爪の変形が出る事もある乾癬
  • アレルギーやアトピー性皮膚炎の場合も
  • ストレス性の頭皮湿疹にもご用心

皮脂が原因の脂漏性皮膚炎

清潔にしてるのに大きなフケが剥がれる、頭皮と顔がかゆい、ニキビが出る時は要注意です。

頭皮や顔のTゾーン、耳まわりなど皮脂が出やすい部分にカビ菌が繁殖して皮膚炎が起きる事があります。

これを脂漏性皮膚炎と呼び、菌を増殖を抑える治療が必要になるんですね。

洗ってもフケが止まらない、かゆみやニキビが続く時は皮膚科に相談してみましょう。

頭皮にダニがいる頭皮疥癬

また、頭皮のかゆみが強く、背中などに赤いブツブツが出て範囲が広がっていく場合があります。

これはダニによる頭皮疥癬の可能性があるので、すぐに病院へ行きましょう。

放置すると範囲が広がったり、接触や寝具を通じて他人にうつる事もある伝染病です。

まだ「頭皮がかゆいな?」という段階で治療がスタートできれば理想的ですね。

斑点が出て皮膚が剥がれる乾癬

また、原因はストレスや免疫トラブルと言われている乾癬も頭皮のかゆみを伴います。

特徴は紅斑と呼ばれる赤い斑点で、頭皮ならフケ、ほかの部位だと粉吹き状に皮膚が剥がれ落ちます。

異常に早く皮膚が生まれ変わってしまう病気で、爪の変形などが起きる場合もあります。

この斑点何だろう?と思ったら、迷わず皮膚科に相談しましょう。

アレルギーとアトピー性皮膚炎の場合も

また、頭皮も皮膚の一部なのでアトピー性皮膚炎の影響を受けます。

その場合、洗浄成分のやさしいシャンプーに変える、並行してアトピーの治療を受けると良いんですね。

皮膚科で処方してもらえる飲み薬で、アトピー性皮膚炎の原因であるアレルギーが軽くなる場合もありますよ。

ストレス性頭皮湿疹が増えている

また、菌やダニのせいでなくても、ストレスで頭皮に湿疹とかゆみが起こる場合もあるんです。

ストレスを感じると自律神経バランスが崩れ、かゆみ神経伝達物質のヒスタミンが出すぎてしまいます。

そうすると頭皮がかゆくなったり、自律神経の乱れで血行不良が起きて頭皮の炎症も起こるんですね。

忙しい、人間関係のストレスがある、ショックな事があった人は、ストレス対策が有効な場合もあります。

皮膚科もですが、特にストレスがつらい場合は心療内科や精神科に行っても良いでしょう。

かゆみ改善で美髪や育毛にもメリットが

シャンプーの見直しや皮膚科での治療をすれば、頭皮のかゆみはかなり楽になります。

頭皮の炎症がおさまるとかゆみが取れるだけでなく、毛根が元気にもなるんですね。

抜け毛も減り、ハリとコシのある豊かな美髪も育ちます。

快適さと美髪のために、頭皮のかゆみにはしっかり対策しておきましょう。

こちらの記事もよく読まれています
  • 頭皮のかゆみの原因と対策におすすめのシャンプー
    なんだか地肌がムズムズかゆいしフケも出がち、そんな悩みはありませんか?かゆくなる原因は間違ったシャンプー、季節、皮膚病など、いろんな可能性があるんです。その対処法や頭皮を元気に保つコツを紹介したいと思います。
    82 views
  • ボタニカルシャンプーとは?メリットや成分をチェック
    ナチュラルで髪や肌に優しいイメージのボタニカルシャンプーですが、実際はどうなのでしょうか?ドラッグストア売れ筋シャンプーの評価や選び方、成分の意外な真実など、ボタニカルシャンプーの秘密を大公開です。
    81 views
  • 女性用シャンプーに含まれている成分
    ボトルが可愛くて買ったけど、このシャンプー全然ダメ!そんな失敗を繰り返さないためには、シャンプーの成分についても知らないといけません。自分史上最高のサラツヤ美髪を作るには、こんな成分入りの女性用シャンプーが必要だったんです。
    79 views
  • 悩み別女性用シャンプーの選び方
    うねりやパサパサ、薄毛、かゆみ、髪や頭皮の悩みは人それぞれですが、実はシャンプーを変えれば解決する場合も多いんです!今すぐ美髪になりたい女性のために、悩み別シャンプーの選び方をまとめました。
    65 views
  • ノンシリコンシャンプーのおすすめは?メリット・デメリットと選び方のコツ
    シリコンが頭皮の毛穴を塞ぐって本当?そんな不安からノンシリコンシャンプー以外使わない人も多いですよね。しかし、ノンシリコンだから良い、シリコン入りだからダメではないんです。本当はどんなシャンプーが正解なのか、わかりやすくまとめました。
    61 views
 

ページのトップへ