保湿クリームの選び方と効果的な使い方

保湿クリームの選び方と効果的な使い方

67 views
保湿クリームの選び方と効果的な使い方のイメージ

お肌のお手入れ、どうしてますか?化粧水と乳液だけだったりしませんか?保湿クリームを使わないなんて、ちょっと損しちゃってますよ!

保湿クリームは保湿成分をほかの化粧品より高い濃度で配合できたり、肌をこすらず傷めない使い心地、荒肌・ヒリヒリ乾燥肌・敏感肌にも使えちゃう優れものなんです。その保湿力は乳液、オールインワン保湿化粧品を超える保湿化粧品の中でもナンバーワンです。

もう使っているよ!というひとでも、パッケージや香り、広告のイメージで保湿クリームを選んでいませんか?きれいなパッケージや香りは気分を上げてくれますが、一番大切な保湿の効果が弱くては困ります。

保湿クリームの選び方、効果的な使い方をマスターして、つるつるぷるぷるの肌に一気に近づきましょう!

セラミドが決め手!保湿クリームの選び方

人間の肌は何層にもなっていますが、肌の一番外側、つまり皮膚の角質層が保湿化粧品でケアできる範囲です。角質層はラップ1枚程度の厚さで、その70%は水分です。その水分をふくんで保っているのが天然保湿因子です。

天然保湿因子は真皮を通じて体の中や、化粧水など外から水分を取り込み、うるおった肌を作ります。保湿スキンケアでは無視できない場所なんですね。

皮膚科のお医者さんも、このメカニズムを利用して治療を行います。「肌がガサガサに荒れちゃったんです!」という患者さんが来た場合、皮膚科のお医者さんはヘパリン類似物質(別名ヒルドイド)やワセリンを使って治療することがあります。

ヘパリン類似物質は一見難しい名前ですが、天然保湿因子を増やして肌の水分量を増やし、乾燥を改善するお薬なんです。乾燥が改善されると肌のバリア機能を強くなり、乾燥や細菌などの刺激に負けない強くきれいな肌に変えていきます。さらにワセリンは肌の表面を保護してくれます。こうして辛抱強くケアするときれいな素肌になっていくんですね。

この流れの中で、ヘパリン類似物質とワセリンのような働きをしてくれるのが保湿クリームなんです。ヘパリン類似物質はお医者さんや薬局でないと扱えない薬ですが、セラミドは化粧品に配合できます。ヘパリン類似物質は天然保湿因子に、セラミドは細胞間脂質で、場所こそ違いますが保水・保湿する性質はよく似ていると言っていいでしょう。

さらに肌の表面を保護するワセリンや植物性オイルも保湿クリームには配合されており、皮膚科の治療と同じメカニズムで肌を強く、美しくしていきます。

ここで重要なのが、セラミドもオイルもワセリンも水に溶けにくい成分であるということ。水分の多い化粧水や乳液では配合・吸収がしにくいのです。クリームなら高い濃度のセラミドや上質なオイルを肌に吸収させることができます。皮膚科に近いグレードのケアができる、それが保湿クリームなんですね。

保湿クリーム選びで大切なのは、まずセラミドの種類です。セラミドは現在たくさんの種類が発見されており、セラミド1.2.3のような成分表示は天然セラミドという種類で、人間がもともと肌に持つヒト型セラミドもこれに含まれます。保湿力が最も高いと言われる種類のセラミドです。

ビオセラミド・セレブロシドなどと書いてあるのは、動物(馬など)から抽出した天然セラミドで、これも保湿力が高いとされています。それ以外の合成セラミドは化学合成されたもので、効果は薄いと言われています。

まとめると、保湿クリームの成分表示にこの成分があれば「買い」です!

  • ヒト型セラミド
  • セラミド1.2.3…
  • 天然セラミド
  • ビオセラミド
  • セレブロシド

「なんだー!それだけ?」と思われるかも知れません。たしかに、ほかに入っている成分の違いなどはありますが、セラミドの質こそがまずは一番大切なんです。

アトピー肌には無添加の保湿クリームがおすすめ

アトピーの治療にヘパリン類似物質(別名ヒルドイド)が処方されることも多いので、セラミド入り保湿クリームはアトピーの人には向いているアイテムです。(一般論ですので個人差があります。アトピーの方が保湿化粧品を使う場合は、まずお医者さんに相談してから使いましょう。)

荒れた肌に化粧水などをつけてしまうと、その水分で悪化してしまう場合があります。その点クリームは荒れた肌でも使えるので便利ですね。でも「市販のクリームを塗るなんて、痒くなりそうでなにか怖い・・・」と思われるかも知れません。

そんな時は、無添加の保湿クリームを選びましょう。無添加の化粧品とは、アレルギーの危険性が認められた102種類の指定成分を含まない、アレルギー、つまりアトピーを起こしにくい製品という意味なんです。

無添加のほかにもアトピー用・ベビー用・敏感肌用など肌にやさしいものがわかるように表示されていますので、慎重にテストしながら自分に合うものを探していきたいですね。

最近では保湿化粧品と同じように使える医薬品も売られています。医薬品だとセラミド配合ではなくヘパリン類似物質で肌を治療しますが、メカニズムとしては一緒ですね。

男性は女性よりも乾きやすい!保湿クリームでいい男を目指そう

男性に保湿クリーム?と思われるかもしれませんが、もともと男性の肌は女性よりも水分量が少なく、髭剃りの負担もあって乾きやすいと言われています。

顔が乾燥すると、肌を守ろうとして余分な皮脂が分泌されるようになり、顔がテカテカになったりニキビになったりしてしまいます。脂ギッシュな男性は、実は乾燥してしまっているんですね。

洗顔や髭剃りの後にさっと保湿クリームを塗るだけで、サラっとテカらず、キメの細かい肌になれますよ。

おすすめは男性向け化粧品の保湿クリームやオールインワンゲルです。香りやベトつきの無さなど、男性の好みに合わせて作ってあるので快適です。プッシュ式だと1度につける分量を迷わなくてもいいので、はじめてのクリームに最適ですね。

保湿クリームからつくった化粧水?

保湿クリームからつくった化粧水、という商品もあります。トロっとしてて、ちょっと乳液のような使用感です。

うるおい成分をマイクロサイズに極細化して吸収しやすくしてあるそうで、肌の表面を保護する力も高いですが、やはりセラミドが入っていないせいか、うるおいの持続感はあまり無い感じです。

どうやら肌を保護する成分をこってりさせており、実はワセリンやニベアなどのクリームと似たメカニズムのようです。化粧水と思ってうっかり付けすぎないよう工夫したほうが良さそうですね。

美容効果を求めるなら保湿クリーム入り化粧水よりも、化粧水とセラミド入りのクリームをそれぞれ使ったほうが良さそうです。保湿、といってもいろいろあるんですね。

保湿クリームの効果的な使い方

これだ!という保湿クリームを手に入れたら早速使ってみましょう。大切なのは洗顔後、化粧水・乳液・美容液の後に塗ることです。

手の平に伸ばし、人肌で温めてやさしく顔全体に伸ばしましょう。温めることで肌なじみがよく、クリームの成分をしっかり吸収することができます。コツは化粧水が乾き切る前に、クリームでうるおいを閉じ込めるように塗ること。

またクリームは肌あたりやさしくなめらかで、肌を擦ったり傷つけないという特徴もあります。顔に伸ばしたら、クルクルマッサージするとより効果的です。肌を傷めず、顔のコリをほぐして血のめぐりを良くすることで、顔が引き締まったり、クマが薄くなったり、より美肌に近づけますよ。

マッサージすると、毎日の目の疲れにも効果的ですので、PCをよく使うひとには特におすすめな使い方です。

セラミド入り保湿クリームもいろいろある!

ここまで保湿クリームについて書きましたが、実際セラミドを含む保湿クリームにはどんなものがあるのでしょうか。セラミド以外の成分など、特徴を見てみましょう。

モイスチャーラインはヒト型セラミド1.2.3.5.6-2を配合

モイスチャーラインは皮膚科のお医者さんが考えた、無添加のセラミド入り保湿化粧品シリーズです。美容液とクリームにはヒト型セラミドが1.2.3.4.5.6-2と5種類配合されている本気配合です。

そして注目なのが、モイスチャーラインの化粧水に含まれているリピジュアという保湿成分です。ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持ち、水で洗っても保水力が落ちず、ヒトの細胞膜に近い性質のため、ヒトの体に入っても防御反応がないことが特徴です。

天然材料と違い完全に合成されたものなので、アレルギーを起こす可能性も低い原料とされています。化粧水のリピジュアで肌をうるおしたら、そこにクリームと美容液でセラミドを注入、シアバター・マカデミアナッツ油・ホホバ種子油でカバーしてうるおいを閉じ込めます。

シリーズの練り石けんにもセラミドやリピジュアが配合されていて、皮脂を落としすぎない優しい洗い心地です。シリーズで使うことでパワーを発揮する保湿化粧品ですね。

製薬会社が送るヒフミドは全品セラミド入り

ヒフミドは高価な美容成分のヒト型セラミド1.2.3をクレンジング・ソープ・エッセンスローション・エッセンスクリーム・UVプロテクトベースなど、それぞれに配合した保湿化粧品シリーズです。

なので徹底的にセラミドを取り込みたいひとにはうれしい保湿化粧品ですね。UVプロテクトベース、日焼け止め下地にもセラミドが入っているのはなかなか貴重です。メイクやお出かけ前にセラミドをさりげなく補給できますね。小林製薬が送る保湿化粧品なので、大きな安心と信頼が持てます。

ヒフミドは商品の種類も多く、セラミド入り薬用美白クリームやリフティングエッセンスなど、最初にあげた基本のライン以外にもいろいろアイテムが揃っています。自分の理想にあわせてアイテムを選べるブランドです。

メディプラスゲルはオールインワンなのでお手入れが楽ちん

メディプラスゲルは保湿クリームではないのですが、オールインワンゲルという化粧水・乳液・美容液・クリームすべての役割を1本でまかなえる保湿化粧品です。ほかの保湿化粧品が複数化粧品を揃えないといけないところが、1本でお手入れが済んでしまうのでお財布に優しく、時短効果抜群です。

高濃度のヒト型セラミド1.3.6-2が配合されており、ベースには出雲玉造温泉水を使用してうるおいにこだわった素材で作られています。そのほかにもプラセンタやコラーゲンなど美肌成分満載です。

ただ保湿効果はどうあっても、オールインワンゲルは保湿クリームに敵わないと言われています。肌をぷるぷるに美しく変身させたい!という強い希望のあるひとは、化粧水・乳液・美容液・保湿クリームをフルコースで使ったほうが良いでしょう。

忙しくてあれこれお手入れしている余裕がない!でもうるおいは欲しい!というひとに最適なのがメディプラスゲルです。

保湿クリームのポイントはヒト型セラミド、そして自分のライフスタイルや体質に合わせた保湿化粧品を選ぶことが大事なんですね。皮膚科の治療でも鍵になるセラミドを保湿クリームで補って、ぷるぷる美肌を目指しましょう!

こちらの記事もよく読まれています

  • 保湿成分:セラミド
    セラミドは今とてもお肌を潤わせると大人気の成分。しかしセラミドには様々な種類があり、その種類と成分の中身を正しく知ることが最も大切なこと。思ったような効果を感じられない場合、セラミドの種類の認識違いが起きている可能性があります。
    134 views
  • 保湿成分:ヒアルロン酸
    今とても人気の保湿成分であるヒアルロン酸。ここではヒアルロン酸がお肌にどのような効果をもたらすのかを中心に、ヒアルロン酸の力を最大限に生かすコツをレクチャーしています。保湿の力でお肌をプルプルにしたい方は必見です!
    111 views
  • 40代の保湿化粧品の選び方
    40代になるとお肌の老化が急激に進むので落ち込みやすいですよね…。ここでは女性ホルモンの影響を大々的に受けやすい40代のスキンケアアイテムのセレクト方法を中心にお届けしています。
    79 views
  • 保湿成分:ビタミンC誘導体
    ビタミンCは美容家の間でとても人気な美肌成分です。実際に老化・ニキビ・シミ・毛穴と、お悩み全方位へのアプローチが可能な万能薬です。そのビタミンCをお肌により効果的に取り入れるには幾つかのポイント・注意点があります。是非ご参考に!
    68 views
  • 保湿クリームの選び方と効果的な使い方
    67 views
  • プロテオグリカンの効果と保水力
    保水力が抜群と話題のプロテオグリカンですが、その実力は本物なのでしょうか?他の保湿成分と比べてどの様な特徴があるのか、そして保水力はどれくらいあるのかについてご紹介していきます。
    66 views
 

ページのトップへ