40代向け保湿化粧品の選び方とおすすめのケア方法

40代向け保湿化粧品の選び方とおすすめのケア方法

40代に丁度良い保湿化粧品って何?その疑問をスッキリさせる、40代向け保湿クリームや化粧水、オールインワンゲルの選び方をまとめました。プチプラからハイブランドまで、有名エイジング化粧品の実力も辛口評価します。
40代向け保湿化粧品の選び方とおすすめのケア方法のイメージ

女性の40代は人生それぞれ、スキンケアの在り方もみんな違いますよね。

仕事と育児で忙しいしスキンケアは最小限にしたい人、エイジングケアを徹底したい人など色々です。

そこで、それぞれのタイプに合った40代の保湿について紹介したいと思います。

保湿化粧品もプチプラからハイブランドまで、それぞれの実力も大公開です。

40代の肌が乾燥しがちな理由とは?

なんだか40代になったら肌の不調が増えた気がする・・・それは乾燥のサインです。

40代は女性ホルモンが減り始めて体が激変、皮脂の分泌量が減るんです。

保湿ケアで潤いを補ってあげないと、肌老化が加速するリスクが跳ね上がってしまうんですね。

女性ホルモンの減少が乾燥や肌老化を招く

  • 女性ホルモンが減ると皮脂分泌も減少する
  • 肌のバリア機能が落ちて乾燥と荒れが増加
  • 肌組織のダメージ蓄積でシミシワたるみに

女性ホルモン減少で皮脂の分泌が減ると、肌を守る自然のヴェールが壊れて乾燥肌になりがちです。

乾燥すると肌細胞がカラカラに干からびて、その隙間から肌荒れの原因物質が侵入します。

そのせいでチクチクかゆい、赤ら顔、大人ニキビ、シミなど肌トラブルが起こりやすくなるんですね。

しかも、組織のダメージが蓄積すると肌のコラーゲンが減少してシワやたるみが起こります。

「あれ、調子悪い日増えた?」くらいの段階で保湿を強化するのが、40代の肌を守る1番の方法なんです。

40代の肌ゆらぎは保湿スキンケアで乗り切れる

このように、シミや赤ら顔、荒れ、小じわ、たるみに繋がりやすいのが40代の乾燥肌です。

逆に言うと、保湿をしっかり徹底すれば肌老化や肌トラブルはグンと減るんですね。

シワ用やシミ用などエイジング美容液は色々ありますが、その前に大事なのは保湿なんです。

今より若見えしたい、5年前の肌コンディションが欲しい、そんなピンチは保湿で乗り切れるんですね。

そこで40代の乾燥しがちな肌を潤す、保湿化粧品の選び方をじっくり紹介したいと思います。

これさえ守ればOK!40代の保湿化粧品選びのコツ

スキンケアは人それぞれ「忙しいし、保湿にかける時間なんてない」という人も大丈夫です。

忙しい人はオールインワンゲルを、美意識が高い人はライン使いで肌を潤せば良いんですね。

オールインワンゲルもライン使いも選ぶ決め手はその保湿力、ここが1番です。

肌の水分量を高める基礎化粧品の条件は何なのか、選び方のコツを紹介しますね。

40代向け保湿スキンケアアイテム選びの3ポイント

  • セラミドなど保水成分入りのゲルやクリームを
  • 化粧水はアルコールフリーで高保湿タイプが◎
  • スクワレンなどブースターオイルをちょい足し

クリームやゲルはセラミドやライスパワーNo.11入りを

40代が注目したい保水成分は、ヒトセラミドやライスパワーNo.11などです。

セラミドは人間の角質層に存在して水分を抱え込む、保湿の上を行く保水の成分なんですね。

水ではなくセラミドはオイルに溶けるため、油分の多いクリームに配合してあるものがベストです。

植物や魚由来のセラミドは効果が薄いので、必ずヒトセラミド狙い撃ちがポイントですよ。

また、米から生まれるライスパワーNo.11は医薬部外品として保水力が認められた唯一の成分です。

化粧水やクリームなど、何にでも配合しやすい低刺激かつ便利な成分なんですね。

時短派がオールインワンゲルを選ぶ時も、この保水成分たっぷりのタイプを選べば間違いありませんよ。

化粧水やオールインワンゲルはアルコールフリーを選ぼう

そして、化粧水はエタノール無添加のアルコールフリータイプを選びましょう。

アルコールは蒸発するときに皮膚の水分も連れて行ってしまうので、乾燥に拍車をかけてしまうんですね。

「この化粧水、すっと浸透する!」というコメントも、アルコールが揮発してるだけの場合も多いんです。

オールインワンゲルの場合も、エタノールが入っていないものが良いでしょう。

また、浸透しやすい加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン入りも潤いたっぷりでおすすめです。

浸透を高めるブースターオイルのちょい足し技も有効

40代のスキンケアは化粧水、美容液、クリームのこっくり3段重ね保湿が基本です。

しかしもっとエイジングケアを頑張る人なら、もうワンアイテムちょい足しが良いんですね。

化粧水を塗る前に浸透を高めるブースター美容液やオイルを塗れば、後で塗る基礎化粧品がより浸透します。

中でもスクワレンは肌を柔らかくするエモリエント効果に優れるので、ブースターにおすすめですよ。

忙しい人はオールインワンひと塗りでも保湿は満点

でも「保湿にそんな時間と手間をかけられない!」という人はオールインワンゲルもOKです。

お風呂上がりに逃げ回る子供を捕まえながら丁寧に保湿なんて、ちょっと無理ですよね。

そんな時は、セラミドやヒアルロン酸が入った高保湿型オールインワンゲルが便利です。

化粧水やクリームなど、バラバラに塗ったほうが効果は高いですが、忙しいのも40代の悩みですよね。

正しく選んだオールインワンゲルならひと塗りで100点、ストレスフリーのスキンケアも大アリです。

プチプラなエイジング保湿コスメの実力は?

しかし、条件を満たす保湿化粧品がどこにあるのか?それが問題です。

そこでまずは、みんな気になるプチプラ保湿化粧品の実力を解説したいと思います。

有名どころの無印良品、ちふれ、肌ラボ、アクアレーベルの実力はいかほどでしょうか。

無印良品は美容液よりオイル単品買いがおすすめ

お買い得価格で肌に優しい基礎化粧品といえば無印良品ですよね。

無印のエイジング美容液は1,900円とそこそこの値段ですが、保湿面はちょっと微妙です。

オイル分が多い配合なのでギトギトしやすいのに、保湿成分はちょっと物足りません。

同じエイジングケアラインのオールインワンゲルも同じくオイリーです。

それなら、同じ無印のスクワレンオイルをブースターオイルとして買うほうが良いですね。

化粧水の前に塗って浸透を高めるちょい足しアイテムとして、コスパは抜群ですよ。

ちふれの美容液はブースター向きの配合

ちふれのエイジング美容液も保湿成分がちょっと弱く、オイリーな配合です。

しかし、こちらもスクワレンがたっぷり入っているので、化粧水前に塗るブースター向きですね。

1,000円で買えてコスパも良いので、化粧水前のちょい足し用美容液向きです。

肌ラボの極潤プレミアムシリーズはかなり優秀

肌ラボの極潤プレミアムシリーズは、浸透しやすい加水分解ヒアルロン酸入りで高保湿です。

値段も化粧水で1,000円前後と手頃なのも良いですね。

シア脂入りクリームや、肌の保護効果が強いヒアルロンオイルジェリーなどクリーム類も選択肢アリです。

極潤プレミアムは、コスパも実力も最高クラスのドラッグストアコスメと言って良いでしょう。

ただし、ライン使いするとオイル分が多すぎて、肌質によってはニキビの心配があります。

アクアレーベルのバウンシングシリーズはさっぱり目

プチプラでも少し値段高めなのが、資生堂のアクアレーベルのバウンシングシリーズです。

オイル分に頼りすぎない保湿と、浸透しやすい水溶性コラーゲン配合なのが良いですね。

ただ、使用感や滑りを良くするための成分が多めの配合で、保湿力は弱めです。

使いやすいけど保湿力がちょっと物足りない・・・という声が多いラインなんですね。

プチプラはオイル多すぎ型や保湿不足型のアイテム多し

プチプラも悪くはありませんが、オイルに頼った保湿だったり、潤いが物足りないものが目立ちました。

単品では優秀でもライン使いするとオイルが多すぎる場合などがあり、扱いが難しいんです。

結論を言ってしまうと、40代にプチプラはもう安すぎるんですね。

ハイブランドのエイジング保湿化粧品の実力

では40歳になったらやっぱり、ハイブランドコスメが必要なのでしょうか。

そこで、評判のハイグレードな基礎化粧品ラインについても紹介したいと思います。

みんな気になるSK-Ⅱや外資高級ブランド、資生堂の基礎化粧品の実力を解説しますね。

SK-Ⅱは値段も使用感も一級品間違いなし

高いけど良い基礎化粧品といえば、あのSK-Ⅱですよね。

オイルに頼らず、酵母由来のブランド独自保湿成分、ピテラやR.N.アーキテクトでサラっと潤います。

浸透を促す乳化成分やハリを出すポリマーの絶妙配合で、肌がなめらかに整いますよ。

9割を独自成分のピテラが占めるSK-Ⅱ化粧水だけでも潤いが続く、その実力はさすがです。

ただし、化粧水1本75mlで8,500円という値段はまさにハイブランドコスメですね。

シャネルやディオールなど外資系ご褒美保湿クリーム

みんなの憧れの的、シャネルやディオールの基礎化粧品も間違いない優秀さです。

まず、シャネルのイドゥラビューティリッチクリームは重めの保湿感なのにベタつかず人気ですね。

カメリア種子油でキメ細かい柔らか肌が叶い、敏感肌も荒れにくいとの口コミが多いんです。

ディオールのカプチュールトータルクリームも、独自美容成分でハリを高める一級品ですよ。

シャネルもディオールも香水ブランドであり、香りの特別感、高級感は絶対に真似できません。

しかし、どちらもクリームだけで1万円超えの超豪華コスメ、なかなか手が出ませんね。

資生堂のエリクシールやベネフィークは?

そして、国産のハイクラス基礎化粧品メーカーといえば資生堂ですよね。

人気なのがエリクシール、ベネフィークなど、いずれも年齢を意識した女性向けのラインです。

エリクシールシュペリエルは炎症を抑えつつ、コラーゲンで保湿して肌コンディションを整えてくれます。

ベネフィークもベトつかず、さらっとした使用感で高い人気がありますね。

しかし、資生堂の基礎化粧品は若干エタノールが強めなので、使用感は良くても乾燥しやすい傾向があります。

値段も化粧水で3,000円以上と高めですし、エリクシールやベネフィークのおすすめ度は微妙です。

ハイブランドコスメはお財布と相談で

SK-Ⅱや外資ハイブランドコスメの実力は無敵ですが、セレブ御用達プライスは人を選びます。

私こそセレブ!という人でなければ、ちょっと手が出ない金額ですね。

また、資生堂のエリクシールやベネフィークは乾燥しやすく、おすすめしにくいラインと言えます。

通販専売の保湿アイテムこそ40代にちょうど良い!

プチプラもハイブランドも一長一短、じゃあ何を選んだら良いの・・・?と迷いますよね。

答えは簡単、手頃な値段とハイブランドに近い配合を叶える、通販専売コスメがちょうど良いんです。

広告費用や無駄な在庫確保がいらないので高機能でも低価格、値段の割に良品揃いなんですよ。

一流メーカーの通販専売コスメが超狙い目

通販専売ブランドでは、KOSEの米肌、小林製薬はヒフミド、ポーラオルビスはディセンシアが有名ですね。

実は、一流メーカーが通販専売ブランドを立ち上げているのにはちょっと驚きです。

通販化粧品は高い、有名じゃないメーカー、広告が大げさというイメージは過去のものなんですね。

通販専売ブランドは店頭にテスターが無い分、1週間前後使えるトライアルセットが格安です。

セラミドや米から抽出した保湿成分など、ハイブランド並みの潤い配合が1,000円前後で試せます。

試さない手は無いので、ぜひ取り寄せて潤いやハリの違いをチェックしてみて下さいね。

40代の保湿の大事なまとめ3ポイント

では最後に40代の保湿について、ここさえ押さえればOKなポイントをまとめますね。

  • 化粧水、美容液、クリームの3段こっくり保湿が基本
  • オールインワンを選ぶなら高保湿なタイプをチョイス
  • 保湿基礎化粧品を選ぶなら通販専売ブランドが狙い目

忙しい人は高保湿なオールインワンゲルを、美容を徹底したいならこってりクリーム保湿が良いでしょう。

より効果を高めるなら、スクワレンなど浸透を高めるブースターオイルを使っても効果的ですよ。

40代なら一定グレード以上の保湿化粧品は必要経費

また、40代が保湿化粧品を選ぶならプチプラは基本的に避けたほうが無難です。

オイルに頼った保湿で皮脂バランスが崩れ、肌のコンディションが悪くなる事もあります。

40代は肌が乾きやすい年代なので、保湿化粧品は贅沢じゃない!と自分に言い聞かせましょう。

皮膚の健康を守るために必要な出費なので、ある程度のグレードのものを使ったほうが良いんです。

そこで、値段は手頃で配合はリッチ、通販専売ブランドが今の狙い目なんですね。

保湿は将来のたるみ、シミ、シワも防ぐので、たっぷり潤いケアをしてあげましょう。

気になる保湿成分をチェック!
こちらの記事もよく読まれています
  • セラミドは乾燥肌向け化粧品の必須成分
    セラミドは今とてもお肌を潤わせると大人気の成分。しかしセラミドには様々な種類があり、その種類と成分の中身を正しく知ることが最も大切なこと。思ったような効果を感じられない場合、セラミドの種類の認識違いが起きている可能性があります。
    1529 views
  • ヒアルロン酸の保湿効果と働き
    今とても人気の保湿成分であるヒアルロン酸。ここではヒアルロン酸がお肌にどのような効果をもたらすのかを中心に、ヒアルロン酸の力を最大限に生かすコツをレクチャーしています。保湿の力でお肌をプルプルにしたい方は必見です!
    1518 views
  • 40代向け保湿化粧品の選び方とおすすめのケア方法
    40代に丁度良い保湿化粧品って何?その疑問をスッキリさせる、40代向け保湿クリームや化粧水、オールインワンゲルの選び方をまとめました。プチプラからハイブランドまで、有名エイジング化粧品の実力も辛口評価します。
    1274 views
  • ビタミンC誘導体は肌に必須の美肌成分
    ビタミンCは美容家の間でとても人気な美肌成分です。実際に老化・ニキビ・シミ・毛穴と、お悩み全方位へのアプローチが可能な万能薬です。そのビタミンCをお肌により効果的に取り入れるには幾つかのポイント・注意点があります。是非ご参考に!
    1025 views
  • 保湿クリームの選び方と効果的な使い方
    保湿クリームは保湿成分を他の化粧品より高い濃度で配合できたり肌をこすらず傷めない使い心地で乾燥肌・敏感肌にも使える優れものです。ここでは肌質にあった保湿クリームの選び方と使い方について解説しております。
    801 views
  • プロテオグリカンの効果と保水力
    保水力が抜群と話題のプロテオグリカンですが、その実力は本物なのでしょうか?他の保湿成分と比べてどの様な特徴があるのか、そして保水力はどれくらいあるのかについてご紹介していきます。
    730 views
 

ページのトップへ