オールインワンジェル

オールインワンジェルのおすすめは?口コミで選ぶ人気ランキング

オールインワンゲルは時短できても保湿はイマイチ、なんて思っていませんか?今では保湿力UP、1本で化粧水から下地までカバー、美白や年齢ケアもこなす最強基礎化粧品に進化してるんです。そこで、おすすめオールインワンゲルや使い方の裏技を紹介します。

時短と保湿両方が叶う!新しいオールインワンゲルの選び方

忙しい朝や眠たい夜、ゲルをくるくるっと塗ればスキンケアが完了する、それがオールインワンゲルです。

ただ、ここまでの話なら「知ってる!ほどほど潤う時短コスメでしょ?」と思った人がほとんどですよね。

2018年の今年、その常識はもう古いです。

女性が忙しい現代にオールインワンゲルは必要とされ、研究の末にびっくりするほど機能や美肌効果が進化しているんですよ。

ここでは、そんな新時代オールインワンゲルの選び方、ちょい足しで美容効果が変わる裏技などを紹介します。

進化型オールインワンゲルのメリット

オールインワンゲルとは、化粧水と乳液が一緒になったゲル状の化粧品というのが今までの常識でした。

でも最近では機能が増えて、保湿の性能も格段にUPしてるんですね。まずはその進化とメリットを紹介します。

オールインワンゲル3つの進化

  • ローションパック並みの保湿力は基本
  • 化粧下地にもなる究極の時短とコスパ
  • 医学雑誌に載るほど美容効果もUP

パック並みの保湿力、化粧下地にもなる究極時短、美容効果が医学雑誌に載るなど、ちょっと信じがたい進化ですよね。

あと、コスパ面での進化も見逃せないポイントになります。

オールインワンゲルのコスパは最強

化粧水、乳液、美容液、化粧下地をすべてドラッグストアで揃えると1万円近くかかりますよね。

それを1本でまかなうオールインワンゲルは、奇跡のコスパを持つ最強プチプラコスメと言えます。

自分の美容にお金を使えない、子育て中のママに嬉しいコスメならナンバーワンです。

1度しか塗らないから肌を傷めない

また、オールインワンゲルが化粧下地まで兼ねる事で、肌に化粧品を塗る回数と摩擦が減ります。

つまり刺激が減るので、オールインワンゲルは敏感肌に優しく、肌荒れしにくい基礎化粧品なんですね。

肌への摩擦はシミやたるみの原因にもなるので、オールインワンゲルはエイジングケアにも良いんです。

商品ごと個性があって選ぶのが難しい・・・

ただ、お手軽保湿だけが求められていたオールインワンゲルの時代が終わり、美容や時短に特化した個性派アイテムが増えています。

その分、オールインワンゲルを選ぶのが難しい時代に突入したんですね。

次では、失敗しない進化型オールインワンゲルの選び方を紹介します。

進化型オールインワンゲルの選び方

新しいオールインワンゲルを選ぶなら、下の3タイプから選ぶと失敗が少なくなります。

また、美容の目的や肌質の悩みがあるなら、成分に的を絞って選ぶのも良いんですね。

3タイプから自分に合ったものを選ぼう

  • ぷるぷる高保湿な潤いパック型
  • 美白やエイジングなど美肌重視型
  • 化粧下地いらずの究極時短タイプ

とにかく潤いを、まずは時短を、美容を欲張りたい、それぞれに特化したオールインワンゲルがあるんですね。

潤いパック型はヒトセラミド配合で高保湿のもの、美白やエイジングに特化したものならプラセンタ入りがおすすめです。

時短を求めるなら「下地にもなります」と明言してるオールインワンゲルを選ぶと良いでしょう。

目的や肌質別のおすすめ成分一覧表

時短や保湿の目的以外にも、ちょっとクセのある肌質の人や、美白やエイジング効果をピンポイントで狙いたい人もいますよね。

そんな時は、この成分一覧表を目安に選ぶと簡単に選ぶことができます。

目的や肌質おすすめの成分や特徴
乾燥肌ヒトセラミドやヒアルロン酸
アルコールフリーだと乾燥しにくい
敏感肌ヒトセラミドでバリア機能を高める
アルコールフリーだと低刺激で良い
美白プラセンタやビタミンC誘導体などでシミ対策
エイジングケア
シミ・たるみ・シワ対策
プラセンタやエモリエントオイル、ビタミンなど
ヒトセラミドの保水力もシワに有効
脂性肌・混合肌ヒトセラミドなど潤い成分で皮脂の過剰分泌をブロック
ニキビ肌
赤ら顔
抗炎症成分やビタミンBでニキビや赤みを抑える

肌質に悩む人はヒトセラミド入りのゲル

実は、乾燥肌や脂性肌、混合肌、敏感肌の全てに共通しがちな原因が潤い不足です。

肌が乾くとそれを守ろうと皮脂の過剰分泌が起こり、脂性肌や混合肌になります。

また、肌を守っている皮脂や潤いが足りず乾燥肌になると、肌が刺激に弱くなって敏感肌にもなるんです。

難しい肌質の人は、まず高保湿タイプを選ぶと良いでしょう。特に、1度ヒトセラミド入りのゲルを試してみて下さいね。

1ヶ月ほどで潤いと皮脂のバランスが整い、扱いやすいお肌に変わるはずです。

美白とエイジングケアにはプラセンタ

美白やエイジングケアを目指すなら、両方におすすめの成分がプラセンタです。

プラセンタが肌のターンオーバーを促すので、シミやくすみに汚染された皮膚を脱ぎ捨てる助けになります。

あと、コラーゲン生成も促すので、ハリUPやシワ対策にも良いんですね。

シワやシミはできる前に予防するのが1番のエイジングケアなので、30代になったらプラセンタ入りゲルがおすすめですよ。

30代40代にはエモリエントオイル入りがおすすめ

また、30代や40代の女性は肌を柔らかく保つ、エモリエントオイル入りオールインワンゲルがおすすめです。

肌がぷるるんと柔らかく、赤ちゃん肌の質感に近づきますよ。柔らかい肌はほかの美容成分の吸収が良くなるメリットもあります。

プチプラオールインワンゲルは10代から20代向け

しかし、ヒトセラミドやプラセンタなど、スキンケア効果のある高価な成分は、それなりの値段がする商品しか配合できません。

ドラッグストアなどで人気のちふれ、無印良品、ボタニカル、ハトムギ保湿ジェルなどの有名プチプラ保湿ゲルだと、ヒトセラミドやプラセンタが入っていないんです。

つまり、プチプラオールインワンゲルは30代や40代の肌にはサッパリしすぎているという事ですね。

大人になったら成分に気を配り、ちょっと良いオールインワンゲルを買ってみましょう。

オールインワンゲルの効果を高める使い方とは?

オールインワンゲルの基本的な使い方は、洗顔後に500円玉サイズの量をくるくるっと塗るだけです。

ただ、ちょっと時間のある時やもっと美容効果を高めたい時に、こんな裏技を使うと美肌効果がぐんと高まるんですよ。

オールインワンゲル3つのちょい足し技

  • スパチュラを使えばゲルが清潔長持ちに
  • 化粧水を先に塗るだけでしっとり感UP
  • 塗りながらリンパマッサージしちゃおう

スパチュラとは、ざっくり言えばヘラの事です。コンビニでもらえるアイスのプラスチックスプーンでも良いんですね。

オールインワンゲルに指を入れて使うと、どうしても雑菌やゴミが入って品質が劣化しがちです。

スパチュラを使えば、最後までゲルが清潔に長持ちするのでおすすめですよ。

化粧水のちょい足しで肌がぷりっぷりに

他にもおすすめなのが、化粧水を塗ってからオールインワンゲルを塗る、化粧水のちょい足し技です。

オールインワンゲルはポリマーや保湿成分など潤いを閉じ込める成分が豊富で、もともとローションパック並みのマスク効果があります。

そこに化粧水を先に塗っておけば、マスクの効果が格段にUPして肌がぷるっぷるに変わるんですね。

時間が無い朝はオールインワンゲルだけ、時間がある日は化粧水をちょい足しすると肌が変わります。

ちなみに、美容成分はオールインワンゲルで十分足りるので、ちょい足し化粧水は安いものでかまいませんよ。

塗り方の工夫で小顔リンパマッサージ

オールインワンゲルはジェル状のテクスチャのおかげで、肌をマッサージの摩擦から守る特徴もあります。

下の手順でゲルを塗れば、顔のむくみ取りや、顔色を明るくするリンパマッサージ効果が期待できるんですよ。

  1. 顔全体にオールインワンゲルを乗せる
  2. 鎖骨と首をほぐしリンパの出口を作る
  3. あご、頬、こめかみの順に手を滑らせる
  4. 目の周辺やこめかみを丸くマッサージ
  5. おでこは斜め上に手を滑らせていく
  6. 最後に鎖骨と首をもう一度ほぐす

リンパとは顔の水分や老廃物を回収する役目を持つ、いわば顔の下水管です。

鎖骨はリンパで回収した水分を血管に流す出口なので、ここをほぐすと顔のいらない水分がジャーっと抜けるんですね。ちょっとしたコツなので、グリグリほぐしてみましょう。

リンパのめぐりが良くなると、血行が促されてハリや顔色の明るさも生まれます。即効性があるので、休日やバスタイムの美活にかなりおすすめですよ。

進化系オールインワンゲルのまとめ

  • 時短できても保湿不足だったのは昔の話
  • 保湿・時短・美容など目的別に選ぼう
  • 難しい肌質の人は保湿重視がおすすめ

最近のオールインワンゲルは、化粧水から化粧下地までカバーする超時短仕様、美容効果や保湿力も高い、夢の基礎化粧品です。

「時短はできるけど、保湿力や美容効果はいまひとつ」という時代は終わりなんですね。

あれこれ基礎化粧品や化粧下地を買わなくてもオールインワンゲル1本で足りるので、究極のコスパを持つアイテムとも言えます。

ぜひ、時短と美肌、究極のコスパを叶える新型オールインワンゲルを試してみましょう。

オールインワンゲルの選び方についての関連記事

美白ケア向けのおすすめオールインワンゲル

美白といっても、既にあるシミと未然に防ぐシミ予防では、使用すべきオールインワンゲルは異なります。最近では、シミの原因となる紫外線をカットしてくれる画期的なゲルまで存在します。美白別に効果的な成分について教えちゃいます。

毛穴ケア向けのおすすめオールインワンゲル

ニキビ・黒ずみ・開き・たるみ・・・人によって変わる毛穴トラブルを解決するオールインワンゲルがここにあります。なかには刺激の強い成分もあるので、敏感肌でも使える毛穴ケア向けのゲルも一緒に紹介していきますね。

保湿ケア向けのおすすめオールインワンゲル

乾燥で困っていて保湿でオールインワンゲルを選ぶなら、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン配合はマスト。しかし、これらの成分が配合されてるゲルなら何でも良いわけではありません。相乗効果が期待できる成分込みで、選ぶポイントを説明します。

エイジングケア向けのおすすめオールインワンゲル

アンチエイジングがしたいなら、世代に合ったオールインワンゲルを選ぶことが大切。世代に合ったエイジングケアをしなければ逆効果になることも。世代を問わず大切なのは紫外線対策を目的とした美白ケア。20代からでも早すぎるということはありませんよ。目指せ!若々しい肌!
 

ページのトップへ