敏感肌・ニキビ肌の両方に有効な乳液の選び方

敏感肌とニキビ肌に有効な乳液の正しい選び方

敏感肌向けの化粧品で、乳液はどんなものを選んだら良いのでしょう?特に、ニキビができやすいから乳液の油分はちょっと...と思っている方は、ぜひご一読ください。乳液を使うべき肌と使ってはいけない肌、敏感肌にオススメの成分などをご紹介しています。
敏感肌・ニキビ肌の両方に有効な乳液の選び方のイメージ

乳液は敏感肌とニキビ肌の両方に有効!でもその選び方って?

スキンケアの基本といえば化粧水と乳液!でも敏感肌だと、どんなものを使ったらいいのか迷いますよね。

痛い・痒い場合も迷いますが、もっと悩むのがニキビ肌の場合です。「油分のある乳液を使ったらニキビがきっと悪化してしまう・・・」と思っていませんか?

実は敏感肌が原因のニキビなら、むしろ保湿効果の高い乳液を選ぶことが大切なんです。ただ、乳液を使ってはいけない肌のひともいるので注意が必要です。

敏感肌の原因は乾燥!保湿効果の高い乳液を使おう

敏感肌の大きな原因のひとつは肌の乾燥です。健康な肌は表面に皮脂の膜が張り、水分蒸発を食い止め潤っていますが、敏感肌のひとは皮脂が少なかったり、過剰分泌されていてもその下の肌に潤いが足りてない場合が多いのです。

なのでしっかり肌に潤いを与えて表面に適量の油分を乗せ、水分を蒸発させないよう保護しなくてはいけません。そのために乳液は保湿力が高く、油分もあるものを選ぶといいんですね。

敏感肌ニキビにも保湿が大切!

保湿と油分が大切と言っても「油分が配合されてるとニキビになるからちょっと・・・」と思ったひともいるかも知れません。

たしかに、油分がニキビを呼んでしまう場合があるのも本当です。ニキビが起こるメカニズムは簡単に言うと「毛穴が詰まりそこに菌が増殖して炎症を起こす」状態、特に皮脂の分泌が多すぎるひとは皮脂が毛穴に詰まるせいでニキビになりやすいんですね。

ただその皮脂の分泌が増えすぎてしまうのも、実は乾燥のせいという場合があります。なぜなら、肌が乾燥したり油分が足りないと「肌を守らなくては!」と皮脂の分泌が活発になってしまうからなんです。

洗顔で皮脂汚れを落とした後、しっかり肌に潤いと適度な油分を与え保湿してあげると、皮脂の過剰分泌が収まりギトギトした脂性肌が改善する可能性も高いんです。

さらに敏感肌がニキビになりやすい理由がもうひとつ、敏感肌は度重なる炎症の影響でターンオーバーが異常に早く、ボロボロと代謝した皮膚が次々剥がれ、毛穴に詰まることでニキビを起こすと言われているんです。

アトピー性皮膚炎の肌が粉をふいたようになってしまっているのと同じ、あの粉は異常に早く代謝されてしまった皮膚なんですね。

小鼻などがわかりやすいですが、ぎゅっと押すと毛穴からニュルっと出てくるあの白っぽい、時々黒ずんでいる塊、あれがその剥がれた皮膚で角栓といいます。皮脂と皮膚のカスが混じり合い毛穴をふさいでしまうんですね。

また、乾燥すると毛穴は開いてしまう性質もあるため、保湿をしないと角栓が詰まりやすくニキビやいわゆるポツポツのイチゴ鼻のような状態になりやすくもなります。

これらを防ぐためにはまず根気強く保湿をすること、刺激の少ないスキンケアをすることが大切です。肌が回復すると通常のターンオーバーのスピードに戻ってもいきます。

そうなると外部刺激と戦う肌のバリア機能が復活、細菌も増えにくくなりニキビが自然と減って肌がきれいになっていきます。

セラミド入り乳液が乾燥と敏感肌に良い理由

「高保湿って言ってもどんな成分がいいの?いろいろあるよね?ヒアルロン酸とか、コラーゲンとか・・・。」たしかに、化粧水や乳液など保湿化粧品にはたくさんの保湿成分が配合されていますよね。

中でも編集部オススメなのがセラミドです。人間の皮膚は皮脂の膜・角質層・真皮といくつかの層になっていますが、このセラミドは角質層にある細胞間脂質にもともと存在していて、水分を蓄える役目を担っている成分です。

つまり化粧品でセラミドを補ってあげることで肌が保水する力が高まり、乾燥が改善されるんですね。

同じセラミドでも種類があり、合成で作られる擬似セラミド、米ぬかなどから作られる植物性セラミド、酵母を使って生成したヒト型セラミドと大きく分けて3種類がありますので、最もなじみよく保湿力が高いヒト型セラミド配合のものを選ぶといいでしょう。

セラミドは油によく溶ける性質を持っているため、乳液や保湿クリームなど油分豊富な化粧品に多く配合することができます。選ぶならオイルフリーではなく、油分を配合している乳液にセラミドを溶かし込んでいるものがオススメですね。

セラミドのほか、ヒアルロン酸やコラーゲン配合のものもオススメです。どちらもセラミドほどではありませんが高い保湿効果を持っていますよ。

繰り返しですが、肌が潤うと外部刺激に対抗する力「肌のバリア機能」が復活するため、敏感肌が改善する可能性もあるんです。根気強く保湿ケアを続けたいですね。

ただ、ニキビや敏感肌のひとの中にはこういった油分豊富な保湿化粧品を使ってはいけないひともいるんです。

乳液を使ってはいけない肌!脂漏性皮膚炎とは?

「すぐニキビができちゃう。敏感肌だからかなぁ?」と思っているひと、実はそれはニキビではなく脂漏性皮膚炎という病気かも知れません。その場合、乳液を使うと逆に肌荒れが悪化してしまう事があるので、注意が必要なんです。

脂漏性皮膚炎は皮脂を多く分泌する脂性肌のひとがなりやすい病気で、多すぎる皮脂にマラセチア菌というカビの一種が増殖、肌の炎症を引き起こす皮膚病です。乳液やクリームにも油分があるので塗らないほうがいい状態ですね。

ニキビなのか脂漏性皮膚炎なのか、見た目での判断はかなり難しいですがフケのようなものが出る、かゆみが強いなどの場合可能性が高いとされています。頭皮が荒れて毛が抜ける場合もあります。

皮膚科に行って「脂漏性皮膚炎でしょうか?菌を調べてほしいのですが・・・」と聞くと、肌荒れの原因菌を調べてくれるので一度診察してもらうのがいいでしょう。

皮膚科では炎症を抑えるステロイド外用薬やかゆみを抑える抗ヒスタミン剤が処方されますが、栄養や生活を改善して体の中から治療する方法も有効と言われています。

ストレスなどでホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌が増えてしまった、ビタミンB群の不足で皮脂のコントロールができなくなった、皮脂がきちんと洗えてない、などの原因が考えられるため、ビタミンB群のサプリメントを飲んでゆっくり休んでリラックス、さらに顔や髪を清潔にすることで肌荒れが改善する可能性があるんです。

ビタミンB群はB1、B2、B6などいろんな種類がありますが、互いに作用しあって効果を発揮するビタミンなため、どれかひとつを摂取しても効果が出ません。オススメなのがバランス良くビタミンB群が配合されたマルチビタミンやビタミンコンプレックスのサプリメントです。

皮膚科でもビタミン剤を処方してもらえる場合もあるので、まず疑わしい場合は病院へ行くのが大事ですね。

乳液と保湿クリーム、両方つかうべき?

「今化粧水と乳液でケアしてるけど、油分がOKなら保湿クリームも使ってみたいな!でも、保湿クリームと乳液って両方塗っていいの?」ひとつ知ると次々疑問が生まれますね。

実は保湿クリームと乳液の違いは水分と油分の比率、保湿クリームがより油分が多く、乳液がより水分が多いというくらいで、かなり近い化粧品なんです。

保湿力を高めるため乳液の後にクリームを塗ってください、と指導している化粧品メーカーも多いですが、実は乳液だけ、保湿クリームだけでも自分の肌質にマッチすれば十分な場合も多いのです。

特に皮脂分泌が過剰でニキビになりやすい脂性肌のひとは、乳液・クリームを重ねづけをすると油分が多すぎる場合があるのも本当です。そうなるとかえってニキビの原因になってしまう場合もあります。

「そう言われてもわかんない!はっきりしてよ、どうやってお手入れしたらいいの?」と思いますよね。保湿クリームか乳液か、どちらか購入を迷ったらまずセラミド入りの保湿クリームから買うことをオススメします。

保湿クリームは乳液より油分が多いため、さきほど紹介したセラミドをより多く配合することができます。クリームだけを適量塗ることで、しっかりとした保湿成分とほどよい油分を肌に乗せることができるので、脂性肌のひとにもオススメです。

もし保湿クリームでの油分と保湿力でどうしても足りないようなら、クリームの前に乳液を塗ってもいいでしょう。

まとめ:乳液を使える肌の状態なら高保湿のものを選ぼう!

敏感肌のひとは乳液を選ぶ前に「本当に乳液を塗っても大丈夫?」ということを確認しましょう。

敏感肌ニキビだと思っていたのが、実は皮脂が過剰になることで起こる脂漏性皮膚炎だった場合、乳液よりも先に皮膚科での治療・ビタミンの補給・ストレスの解消などの対策が先になります。

脂漏性皮膚炎などの問題なければ、とにかく乳液は高保湿なものを選びましょう。保湿することで肌のバリア機能が復活して、ニキビをふくめ敏感肌の改善に繋がります。

乳液でなければいけない!というわけでもなく、保湿クリームでも保湿力が高ければどちらでもかまいません。ちなみに保湿力とは油分の多さではなく保湿成分によります。オススメの成分はヒト型セラミドなので、配合しているものを選びましょう。

「化粧水と乳液はセット!」というのが日本の美容の文化ですが、実は保湿クリームと乳液はほぼ同じ、油分と水分の比率の違いくらいです。使用感や好みで乳液でもクリームでもどちらを使っても構わない、というのが結論です。

乳液のカテゴリーだけに縛られるよりは保湿クリームまで視野を広げ、自分に合ったセラミド入りの保湿化粧品を探すのがベストでしょう。

こちらの記事もよく読まれています

  • ニキビ型敏感肌の方向けのスキンケアの基本
    すぐニキビができてしまう敏感肌!その原因は乾燥にありました。間違った化粧水選びや洗顔のしすぎによる乾燥が、かえってニキビを招きます。洗顔・クレンジング・化粧品選びなど、正しいスキンケア方法をマスターしてニキビの悩みから解放されましょう!
    548 views
  • 敏感肌・ニキビ肌の両方に有効な乳液の選び方
    敏感肌向けの化粧品で、乳液はどんなものを選んだら良いのでしょう?特に、ニキビができやすいから乳液の油分はちょっと...と思っている方は、ぜひご一読ください。乳液を使うべき肌と使ってはいけない肌、敏感肌にオススメの成分などをご紹介しています。
    282 views
  • 色素沈着したニキビ跡を消すにはどうすればいい?
    ニキビが治ったと思ったら、そこがシミになってしまった・・・そんな悩みはありませんか?ニキビの跡はその色が重要で、茶色か紫っぽいかでケアの方法が変わってくるんですよ。ここではニキビ跡の色素沈着やシミへの対処法をタイプ別で紹介します。
    171 views
 

ページのトップへ