肌はなぜ乾燥するの?

肌はなぜ乾燥するの?乾燥肌の原因とは

乾燥肌になるには原因があります。そしてその原因は乾燥以外にも新たなお肌の悩みを引き起こしています。そんな悩み多き大人女子のお悩みをまるごと救済してくれるコスメをお悩みに合わせてランキング形式でご紹介しています。
肌はなぜ乾燥するの?のイメージ

乾燥肌になる原因と対策について

乾燥肌になる原因

お肌のトラブルで困っている方の中でも乾燥肌の方は特に多く、 また乾燥肌になる原因もいろいろとあり対策を考えるのも大変なものです。

乾燥対策のためには、まずは自分の乾燥肌のタイプを知ることが先決です。では早速、乾燥肌の主な原因を説明していきましょう。

生活習慣、睡眠時間の乱れによる乾燥

仕事が忙しく食事が不規則だったり睡眠不足が続くと疲労が蓄積し、体内の新陳代謝の機能が下がってしまいます。

加齢による乾燥

以前は「お肌の曲がり角は25歳から」と言われていましたが、最近では「ピークは10代後半、20歳からはすでに曲がり角にさしかかっている」という恐ろしい結果が出ているようです。肌に水分を留まらせる為にはコラーゲンが必須なのですが、加齢により体内のコラーゲン総量が下がると水分が肌に留まることができずに徐々に乾燥していくのですね。

季節による湿度の変化

他の季節は乾燥肌とは無縁でも、冬になると皮膚のカサカサに悩まされる方がいます。

冬になると気温が下がるとともに湿度が下がり、皮膚に含まれる水分までもが奪われていきます。特に12月〜1月は全国で乾燥注意報が出されるほどに湿度が下がっており、室内で暖房器具などを使うことで更に湿度が下がり、皮膚が乾燥した空気に晒されてしまうのです。

体質による乾燥

アレルギーやアトピーなど、もともと持っている体質が原因でも乾燥肌になります。

症状が軽い方だと、自分がアトピーだと気付かずただの乾燥肌と勘違いしてしまうこともあります。また花粉によるアレルギーを持っている方だと喉・鼻の症状だけではなく、肌のカサカサまでも引き起こします。

乾燥の原因を探ることで合理的なアプローチを行いましょう!

このように、一言で乾燥といっても様々な原因があり、その原因によって私たちが行うべきアプローチ法も大きく変わってしまいます。

自分自身のお肌がなぜ乾燥しているのかを正しく知り、正しいケアを行うことが何よりも大切になります。

さらに、原因があるということはそれに伴ったお悩みもつきもの。

例えば、生活習慣の乱れが見られる場合はホルモンバランスが崩れていることが多いため、大人ニキビが発生しやすくなります。

アトピーやアレルギーでお悩みの方は、お肌に合う化粧品そのものを見つけることさえ至難技。

間違ったケアをしても思うような効果が発揮されずに、悩みが深まるケースは多々見受けられます。保湿ケアを行い乾燥を防ぐことで潤いのお肌を手にいれるとともに、あなたが抱えるお肌のお悩みそのものにもアプローチができる化粧品を見つけることがベストと言えます。

そこで今回は、保湿機能を兼ね備えつつ、+α機能がついたコスメをランキング形式でご紹介!

あなたのお悩みに一番沿ったコスメは果たして何なのでしょうか??

是非ご参考になさってください。

すっぴん力底上げ!保湿+α機能ランキング

乾燥肌でも+αケアはできます!

「どうせ乾燥肌だから、保湿を心がけるだけで精一杯…」そう思う必要はありません。

今は、乾燥肌でもお悩みに合わせたケアができる優秀コスメが多数あります。年齢対策をしつつ今あるお悩みにも対抗して、今よりももっともっとキレイになっちゃいましょう!

各種商品のご紹介とともに、お得なキャンペーン情報なども合わせて紹介しています。

「すっぴん力底上げ!保湿+α機能ランキング」を参考に、自分にあったベストコスメ、是非見つけてくださいね。

こちらの記事もよく読まれています
  • 乾燥肌のケア|毎日のスキンケア方法
    お肌の乾燥を引き起こすには原因があります。また原因があればそれを改善する方法も見つかるはず!ここでは毎日手軽に行える乾燥対策をスキンケア方法を用いてご紹介しています!
    1515 views
  • 肌の水分量を保つ方法
    お肌の水分量を保つためにはコツがあります。勘違いしがちな間違いもご紹介してるので、保湿を心がけるうえで是非ご参考にしてみてください。乾燥対策は思っているよりも間違えがちな点がたくさんあるのです。
    2222 views
  • 乾燥肌には外的要因と内的要因がある
    乾燥肌には外的要因が原因でなるケースと内的要因が原因でなるケースがあります。自分自身のお肌の乾燥がどちらが原因による乾燥の仕方なのかを正しく知ることで保湿ケアをより合理的に行うことが可能になります。
    1663 views
 

ページのトップへ