ニキビや敏感肌を改善して赤ら顔を治す

ニキビや敏感肌による赤ら顔の対策と改善方法

ニキビや敏感肌で真っ赤のお肌をどうにかしたい!荒れてブツブツの赤ら顔を卒業するためには、どんなスキンケアや対策をすればいいのでしょうか?実は敏感肌やニキビの原因は間違ったスキンケア方法と肌の乾燥にあったんです。
ニキビや敏感肌を改善して赤ら顔を治すのイメージ

ニキビや敏感肌が原因の赤ら顔ってどうしたら治るの?肌にやさしい対策と改善方法

どんな化粧品を使ってもヒリヒリ荒れてしまう敏感肌や、すぐにブツブツとニキビができてしまうお肌は赤ら顔になりがちです。

どうやって頑固な荒れやニキビの炎症を鎮めたらいいのでしょうか。

実は敏感肌やニキビ肌の原因の多くが乾燥で、徹底した保湿と炎症を抑える成分でケアする事が赤ら顔解決の近道だったんです。

ニキビ・敏感肌・赤ら顔の原因はお肌の乾燥だった

ニキビができやすかったり、荒れやすい敏感肌は皮膚が乾燥して弱っている状態です。

もともと肌が持っている力を正しいスキンケアで引き出して、ニキビ・敏感肌・赤ら顔卒業を目指しましょう!

敏感肌は乾燥して肌のバリア機能が失われた状態

人間の肌は外部刺激を寄せ付けないためのバリア機能がもともと備わっています。その正体は皮膚の表面に張られた皮脂の膜と、しっかり水分を蓄えた肌の角質層です。

皮脂が角質層の水分が蒸発しないよう保護して、角質層は水分を蓄えてみっちりと膨らみ、外部刺激を真皮まで寄せ付けません。

しかし、敏感肌はこの肌のバリア機能が失われてしまっている状態です。

皮脂が無いと水分が蒸発し、皮膚細胞・天然保湿因子・細胞間脂質など水分を蓄えていた角質層のパーツがしぼんでしまいます。

その隙間から外部刺激が入り込み、肌荒れやニキビを引き起こすんですね。

敏感肌改善には保湿成分と油分を補給しよう

皮膚の乾燥が原因の敏感肌を改善するには、肌の水分と皮脂の膜を復活させて肌のバリア機能を呼び戻す必要があります。

セラミド・コラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸などの保湿成分と、皮脂の代わりになる油分が配合された化粧品でしっかり肌のバリア機能を補ってあげましょう。

さらに抗炎症成分配合の赤ら顔ケア用の化粧品を使う事で、もっと赤みが引きやすくなります。

つまり保湿と抗炎症成分配合の化粧水やローションでケアした後に、油分入りのクリームで膜を作ってあげるのが理想的なスキンケアなんですね。

しかし、全てのニキビ肌に油分が有効というわけではないんです。

油分でケアしてはいけないニキビもある

一般的に「ニキビに油分をつけたら悪化するんじゃない!?」と心配になる人もいるかも知れません。

実はそれも正解で、油分でケアすると良いニキビと、油分をつけてはいけないニキビがあるんです。

ニキビができるほかに、フケやかゆみなどの症状があるときは油分で悪化する脂漏性皮膚炎かも知れません。

油分を塗ると悪化!フケ・かゆみがある脂漏性皮膚炎に注意

脂漏性皮膚炎は敏感肌とは異なる症状です。ホルモンバランスの崩れやビタミンの不足で皮脂の分泌が異常に多くなり、そこにカビ菌が繁殖して炎症を起こしてしまう皮膚炎です。

ここに油分のある化粧品を塗ると悪化してしまうので、注意しましょう。

症状の特徴はフケ・毛穴ひとつひとつの赤み・かゆみ・小さな顔全体のニキビなどがあるので、脂漏性皮膚炎かな?と思ったら一度皮膚科を受診してみましょう。

敏感肌・ニキビ肌の洗顔はぬるま湯と石鹸がベスト

敏感肌やニキビ肌をスキンケアするなら、肌のバリア機能をしっかり回復させなくてはいけません。

まず洗顔する時は38度以下のぬるま湯で洗いましょう。洗浄成分がやさしい石鹸か、敏感肌用の洗顔フォームを使うと皮脂が落ちすぎず肌に優しい洗い上がりになります。

熱いお湯や洗浄成分の強い洗顔フォームは皮脂を容赦なく洗い落としてしまうので、肌のバリア機能を壊す原因になりがちです。

また、毛穴に詰まった角栓を無理やり取り除くケアや、ピーリングやスクラブなど刺激が強いお手入れも肌の状態を悪化させてしまいます。肌に優しいお手入れを心がけましょう。

敏感肌だと「化粧品は何をつけても荒れるしニキビができちゃうの・・・」という辛い思いをしている人も多いと思います。

でも実は洗顔で皮脂を落としすぎる事が原因で、化粧品のせいではない場合もあるんです。

まずは洗顔を改善してみて、お肌がどう変化するか観察してみましょう。

ニキビ・敏感肌が原因の赤ら顔にオススメな化粧品の選び方

さきほどスキンケアは保湿・抗炎症・油分が大切と触れましたが、敏感肌やニキビ、赤ら顔を卒業するには具体的にどんな化粧品を選ぶといいのでしょうか?

敏感肌・ニキビ改善には低刺激・アルコールフリーの化粧品を選ぼう

ニキビ肌や敏感肌はバリア機能が失われ、とても無防備な状態です。

化粧品に含まれる成分が外部刺激になって肌荒れの原因にならないよう、低刺激なものを選びましょう。

例えば香料や着色料は具体的にどんな成分が入っているか表示されない事も多いので、とにかく避けたい成分ですね。

そしてエタノールなどのアルコールも蒸発する時に肌を乾燥させてしまうので、化粧水などを選ぶ時は注意したいですね。

収れん化粧水も同じメカニズムで肌の温度を下げて毛穴を引き締めるため、使わないほうがいいでしょう。

敏感肌・ニキビ・赤ら顔向けの化粧品は無香料・無着色・アルコールフリーがオススメです。

保湿成分が豊富な基礎化粧品で肌のバリア機能を回復しよう

乾燥が原因の肌トラブル対策には、セラミド・ヒアルロン酸・プラセンタなど、保湿成分がしっかり配合されている化粧品を選ぶことが大切です。

特にセラミドは角質層でもともと水分を抱え込む役割を担っている成分です。

補給してあげる事で保水力が高まり、肌のバリア機能が回復して敏感肌やニキビの改善に効果的なんですね。

炎症を抑える成分入りの化粧品で赤ら顔を改善する

保湿成分のほか、肌が赤くなる原因の炎症を抑える成分・抗炎症成分が配合された化粧品を選ぶ事も大切です。炎症を抑え、痛み・かゆみ・赤みを鎮めてくれます。

赤ら顔ケア用化粧品は炎症を抑える生薬やビタミンKが配合されているのでオススメですね。

保湿クリームで油分を補給しよう

さきほど触れた脂漏性皮膚炎になってしまった場合は別として、乾燥が原因の敏感肌の場合は油分豊富な保湿クリームはスキンケアで最も効果的なアイテムです。

そして保湿成分セラミドは油に溶けやすいため、保湿クリームに配合するとより効果的とも言われています。

また炎症を抑えるビタミンKも脂溶性ビタミンで油に溶ける性質があるので、こちらもクリームで取り入れるといいですね。

セラミドやビタミンK配合の保湿クリームをぜひ試してみましょう。

お出かけする時はミネラルファンデーションでメイク

荒れやニキビがある時は、特に低刺激な化粧品を選ぶとお肌に優しいですね。

保湿成分入りの下地と、低刺激なミネラルファンデーションで最低限のメイクが出来上がるので毎日の身だしなみにオススメです。

ミネラルファンデーションとは、火傷や手術の跡に使えるようアメリカで考案された低刺激な配合のファンデーションです。

肌の負担になりがちなクレンジングも不要なので、敏感肌・ニキビ肌の人にはピッタリですね。

ニキビ跡の色素沈着で赤ら顔になる場合の対処法

スキンケアを頑張ってニキビが治った後も、赤ら顔が治らない場合があります。

ニキビは治っても肌の奥深くに色素沈着してしまっている場合があり、赤く色が残ってしまう場合があるんですね。

このニキビ跡の赤みは炎症性色素沈着と呼ばれ、炎症が回復すると人にもよりますが6ヶ月程度で薄くなっていく事が多い症状なんです。

6ヶ月はけっこう長い期間ですが、その間炎症を復活させない事が最大の治療になります。

ニキビの再発予防に抗炎症作用がある赤ら顔ケア用化粧品や、色素沈着対策に効果的なビタミンC誘導体入りの化粧水を毎日のスキンケアに取り入れて行きましょう。

もし時間が経過してもニキビ跡の色素沈着が薄くならない場合は、レーザー治療で赤みを取り除く治療を受けるという方法もあります。

肌荒れ・ニキビを改善する栄養素

スキンケアのほかにも、食事の栄養に気を配る事で肌の乾燥・荒れ・ニキビが改善する場合もあります。

食事では肌の潤いの維持に効果的なビタミンA、炎症を抑えるビタミンB群、コラーゲン生成を促すビタミンCなどを積極的に取り入れるといいですね。

ビタミンAはウナギ・レバー・緑黄色野菜など、ビタミンB群は豚肉・大豆・レバーなど、ビタミンCはパプリカ・レモンなどの柑橘類に豊富に含まれます。

ビタミンを補うサプリメントを取り入れても手軽でいいですね。

正しいスキンケアと栄養補給で赤ら顔を卒業しよう

敏感肌・ニキビ・赤ら顔の原因は乾燥である事が多かったんですね。正しいスキンケアで、しっかり保湿する事が大切です。

基礎化粧品選びで迷ったら、まずは赤ら顔用のスキンケアアイテムを使う事が正解です。

保湿や抗炎症作用などが網羅されてるので、1本で効果的なスキンケアができるでしょう。必要に応じて保湿クリームなどを買い足すとさらに良いですね。

正しいスキンケアとビタミン補給で、敏感肌・ニキビ・赤ら顔を卒業しましょう!

こちらの記事もよく読まれています

  • 病院の医療レーザーで赤ら顔を治療する
    赤ら顔は、病院の医療レーザー治療で治すことができます。でも、どんなことをするのか、治療費はいくらくらい掛かるのかなど、わからないことも多々ありますよね?ここでは、赤ら顔の種類とレーザー治療の方法をわかりやすくご紹介しています。
    852 views
  • 中高年に多い酒さの原因は何?
    中高年が悩む赤ら顔のほとんどが、酒さによるものだと言われています。酒さになりやすいのはどんな人なのでしょうか?ここでは、その原因や具体的な症状のほか、酒さを治す最善の治療法や予防策についてもわかりやすくご紹介しています。
    662 views
  • 脂漏性皮膚炎とは?適切なケアと治療法
    赤ら顔やニキビなどの要因となる脂漏性皮膚炎は、皮脂の過剰分泌とカビの繁殖が招く皮膚病です。皮膚科に通うほか、ホルモンバランス・栄養素・洗顔などを改善すると完治の可能性がぐんと高まります。ここでは、脂漏性皮膚炎に関する情報をお伝えしています。
    620 views
 

ページのトップへ