肌に合わない化粧品を使い切る方法5選!

肌に合わない化粧品の活用方法

せっかく買った化粧品が肌に合わない!きっと誰もが、一度や二度こういった経験をしたことがあるはずです。では、合わない以上は捨てるしかないのでしょうか?いえいえ、実はこれらを使い切る方法はいくつかあるんです。今回は、そのアイデアをお伝えします。
肌に合わない化粧品を使い切る方法5選!のイメージ

せっかく買った化粧品が肌に合わない!でも捨てるのはちょっと待って!

「お肌にやさしい化粧水」「敏感肌さんでも大丈夫!」宣伝を信じて買ったのに、やっぱり荒れちゃった!!という経験、ありませんか?化粧水やクリームだって安いものではありませんよね。合わなかったからといって捨てるのは勿体ないのです。

今回は、合わなかった基礎化粧品を使い切る方法で、これはいい!と思うものを厳選してご紹介します!

合わなかった化粧品を使い切る!ライフハック術5選

  • 化粧水・クレンジング剤でお掃除
  • 化粧水・クリームで拭くとお風呂の鏡が曇りにくくなる
  • クレンジング剤で化粧パフをきれいに
  • クレンジングオイルでシミ抜き
  • 保湿クリーム・乳液でシールがきれに剥がせる

肌に直接つけなくてもこんなに役立つ方法があるんですね!それぞれ使い方を紹介していきましょう。

家中ピカピカ!化粧水・クレンジングオイル・乳液で大掃除

化粧水の成分表示を見てアルコールが含まれていたら、布にふくませてPCのキーボードやスイッチまわりを拭いてみましょう。アルコールの力でごっそり手垢がとれて、ピカピカになりますよ。

あとクレンジングオイルも肌に合わないことが多い化粧品のひとつです。汚れを落とす界面活性剤とオイルは、ガスレンジまわりの油汚れとなじみやすくお掃除にもってこいです。

油汚れにクレンジングオイルをたらして布やキッチンペーパーで拭き取ると、ごっそり油汚れが落ちますよ。

大掃除の仕上げに、乳液を水で溶いたものでフローリングを拭くとワックスがけしたようなツヤが出るのでおすすめです。ただ、少し滑りやすくなりますのでお子さんやお年寄りのいるお家は注意してくださいね。

湯気の中でも鏡くっきり!化粧水やクリームを塗る

化粧水や保湿クリームでお風呂の鏡を拭くと曇りにくくなります。化粧水はアルコールのちからで汚れを落としながら曇るのを予防してくれますし、保湿クリームは油分で鏡の表面に皮膜を作って、曇りにくくしてくれるんです。

パフをしっかり洗浄!クレンジング剤でらくちんに洗う

クレンジング剤はもともと化粧を落とすためのものです。化粧パフについた化粧品もよく落ちますよ。クレンジングオイルやジェルを汚れたパフになじませて少し置き、汚れを浮かせてから石鹸でよく洗いましょう。

石鹸だけでもパフはかなりきれいになりますが、クレンジング剤をなじませることでゴシゴシしなくても汚れがスルっと落ちやすくなります。

化粧パフが汚れたままだと雑菌が増え放題になり、ニキビや肌荒れの原因にもなってしまいます。こまめにパフは清潔にしたいですね。

洗濯の救世主!クレンジングオイルでシミ抜き

白いワンピースやシャツ、気が付いたら袖や襟にファンデーションや口紅汚れが!という事、ありませんか?そんな時はクレンジングオイルを使いましょう。

オイルを服の汚れに垂らし、下に汚れてもいいシミ抜き用の布を敷きます。汚れが浮きがったら、上から綿棒や布でそっと叩くように汚れを落としていきます。

それぞれの布や綿棒に汚れが移ったら、石鹸などでシミ抜きした場所を手洗いしてから洗濯機に入れましょう。化粧品のシミがかなり薄くなりますよ。

クレンジングオイルは水分がなく、洗濯機だけではあまり落ちないので、最後の石鹸手洗いは必ずやっておきましょう。

ぺろん!シールをきれいに剥がせる乳液やクリーム

目を離した隙に息子が冷蔵庫にシールを貼っちゃった!新しい食器を買ったのに値段シールが剥がれない・・・。けっこうシールはがしは日常のプチストレス案件ですよね。

そんな時は乳液や保湿クリームをシールに塗って、馴染ませます。しばらく置くとぺろん、ときれいに剥がれるようになりますよ。まだちょっと剥がれにくい!という時はドライヤーで温めるとより剥がれやすくなります。

肌をきれいに保つ成分たちが、こんな日常のライフハックに役立ってくれるなんて!肌に合わない化粧品は生活に生かして、自分に合った基礎化粧品に早く切り替えましょう。

番外編・肌につけても大丈夫な基礎化粧品の使い切り方法5選

これまでは肌が荒れたり腫れたりして「とてもこの基礎化粧品は肌に使えないわ!」という場合のためのライフハック術でしたが、肌につけても腫れはしないけど、効果が実感できなくてもう捨てようかな・・・と思っている基礎化粧品だと使い道はもっと広がりますよ。

  • 化粧水を霧吹きに詰めて寝癖なおしウォーターに
  • 乳液や保湿クリームを毛先に塗ってヘアケア
  • 保湿クリームを塗って入浴、顔と首にこってりパック
  • 化粧水はお風呂に投入して入浴剤に
  • シェービングクリーム代わりに保湿クリームを使う

肌に塗るものは髪につけても保湿などの美容効果があります。化粧水の保湿成分は、髪をしっとりさせ寝癖を抑えてくれます。保湿クリームや乳液も毛先に塗って、しっとり美髪を目指せますね。

お風呂の時は、顔や首に保湿クリームをこってり塗ってパックしたまま入浴します。洗い流すとしっとりつるつるの素肌になりますよ。

コツは顔にこってりクリームを盛ることです。余った化粧水を豪華に湯船に入れて、入浴剤代わりに保湿風呂を楽しむのもいいですね。お肌が潤いますよ。

カミソリでムダ毛処理するとき、石鹸の泡や水がないと肌を傷めてしまいます。ただ、保湿クリームや乳液があれば、塗ってカミソリを滑らせるだけでムダ毛が剃れてしまうんです。

肌もしっとりするので、美ボディとムダ毛に気づいてしまったピンチのとき、両方に役立つライフハックです。

化粧品置き場で眠ってる基礎化粧品は有効に使いきって、きれい・快適を手に入れましょう。目指すは「賢い無駄なし美人」です!

こちらの記事もよく読まれています

  • 美白美容液でニキビ跡対策をしてみよう!
    美白美容液でニキビ跡のケアをするといっても、なんだかピンと来ない人も多いはず。そもそも、どんな美白美容液を選んだら良いのかわからないですよね?ここでは、美白美容液を使ったニキビ跡のケアと、おすすめの商品をご紹介しています。
    318 views
  • 冬場のスキンケアはここがポイント
    冬場は乾燥が激しい季節です。だからお肌は冬に歳をとるのです。冬の乾燥対策を制すれば、お肌の老化を「ぐう」っと抑えることが可能になります。冬肌ケアのポイントは血行促進と保湿です
    191 views
  • 化粧水や乳液は同じメーカーで揃えるべき?
    皆さんはスキンケア化粧品のメーカーを統一していますか?化粧水はこのメーカーのが合うけど、乳液はこっちの方がしっくり来る...。そんな方もきっと多いと思います。そこで今回は、化粧水や乳液のメーカーは揃えるべきかどうかに焦点を当ててみました。
    979 views
 

ページのトップへ