肌の水分量を保つ方法

肌の水分量を保つ方法

お肌の水分量を保つためにはコツがあります。勘違いしがちな間違いもご紹介してるので、保湿を心がけるうえで是非ご参考にしてみてください。乾燥対策は思っているよりも間違えがちな点がたくさんあるのです。
肌の水分量を保つ方法のイメージ

化粧品を購入する際などに、お肌の水分量や油分量を計測してもらえることがありますよね。

実際に計測を行った経験がある方の中には、思いのほか水分量が足りないという結果が出て、びっくりされた方もいるかもしれません。

実際のところ、しっかりと保湿をしてるつもりでも、不十分であるケースはよく見受けられます。
またちょっと意外なことに、潤っているように見えるオイリー肌でさえも意外と水分量が少ないことがあります。

その状態こそが、いわゆるインナードライスキン。

インナードライを改善させるために一番必要なものこそが「水分」というわけですね。

水分を保つにはどうすれば良い??

お肌に潤いを持たせるために必要なものこそ「水分」です。たっぷりの化粧水をつけて乳液やクリームでしっかりと蓋をすれば、その分だけお肌に水分を保てます。

お肌の水分量を上げるためには、化粧水を重ねづけするのが最も手軽で有効な方法。潤いが足りていないと感じる部分は、是非2度づけ3度付を行い、潤いを補ってあげてください。

また、べたつきが気になるからと、化粧水のみで水分補給を終わらせてしまうと、お肌にせっかく補った水分が蒸発してしまうため、すぐに水分不足な肌状態に逆戻りしてしまいます。

すると、結局テカテカお肌の原因になってしまうのですね。

もしもお肌の部位によって「べたつきが気になる部分」と「かさつきが気になる部分」の2種類がある混合肌と呼ばれる肌質である場合なら、べたつく部分に塗布する乳液やクリームはごく少量にしてしまうと良いでしょう。

あくまで化粧水は「たっぷり」と、ベタつきは乳液やクリームの使用量の加減で調整する、という方法が保湿力を上げる上でオススメです。

ちなみにありがちな間違った保湿法としては、乾燥するからといって化粧水や水分をスプレーで吹きかけるという方法が挙げられます。

この方法は一瞬は潤って感じられるのですがその後余計に乾燥してしまいます。吹きかけた水分と一緒に今ある潤いも蒸発させてしまうのです。

ですのでメイクのお直しをしている時に、お肌の乾燥を感じた時にはいっそのこと、保湿力の高い乳液やクリームを用いて一度メイクを落としてから化粧直しをする方が肌の潤いを保てます。

お肌の水分を保つためにこまめに心がけたい「保湿」。

日頃の基本的なお手入れや規則正しい生活の積み重ねもとても大切です。

これらの一つ一つの心がけが、あなたのお肌をより健康的で美しい状態に導いてくれますよ(^-^)

こちらの記事もよく読まれています

  • 乾燥肌のケア|毎日のスキンケア方法
    お肌の乾燥を引き起こすには原因があります。また原因があればそれを改善する方法も見つかるはず!ここでは毎日手軽に行える乾燥対策をスキンケア方法を用いてご紹介しています!
    51 views
  • 乾燥肌には外的要因と内的要因がある
    乾燥肌には外的要因が原因でなるケースと内的要因が原因でなるケースがあります。自分自身のお肌の乾燥がどちらが原因による乾燥の仕方なのかを正しく知ることで保湿ケアをより合理的に行うことが可能になります。
    75 views
  • 肌はなぜ乾燥するの?
    乾燥肌になるには原因があります。そしてその原因は乾燥以外にも新たなお肌の悩みを引き起こしています。そんな悩み多き大人女子のお悩みをまるごと救済してくれるコスメをお悩みに合わせてランキング形式でご紹介しています。
    15 views
 

ページのトップへ